ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【新技術】「1年で消えてなくなるタトゥー」なら、したいと思う?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽しむだけなら、ヘナタトゥーなど「メヘンディ」を楽しむのもアリだ。肌の表面に塗るだけでよく、個人差はあれど、おおよそ1週間から3週間で消えてなくなる。

でも、“なんちゃって”気分を味わうだけでなく、もうちょっとタトゥーユーザーの心情を本気で経験してみたいならーー。ここで紹介するのは、およそ1年間で消えるタトゥー。試してみるかどうか考えてみると、絶妙な期間に思えないだろうか?

約1年で消える
期間限定のタトゥーって?

おおよそ1年で消えてなくなる特殊なタトゥーインクを開発したのは、NYU出身のエンジニアたち。社名にもなっている「Ephemeral」には、”短命の”とか”はかない”という意がある。

もちろんこれが、彼らが開発したインクの名称。そのまま社名に使っているところがオモシロイが、その注目度は高い。

色素分子を小さくして、
カプセルコーティング!

気になるのはその仕組み。タトゥーは、インクの入った針を皮膚に刺し、表皮のさらに下(真皮層)まで塗料を染み込ませていく。Ephemeralは、まずこのインクを分子レベルで確認し、その大きさに着目した。

人間の体は、異物を発見すると自然にそれを取り除こうとする。同社によれば、その免疫力の作動に対して、従来のインクは色素分子が大きすぎたそうだ。そこで、色素が真皮層でおよそ1年間だけ持続できるよう、ギリギリのラインまでインクの色素分子を小さくした。

さらに、免疫機能がすぐに除去をはじめてしまわないよう、色素分子を独自開発した球体構造の中に閉じ込めた。いわゆるカプセルのようなイメージらしいが、これで実験を行った結果、細胞からインクが消えてなくなったという。「Tech Crunch」で、Seung Shin CEOはこうコメント。

「従来のタトゥーは色素分子が大きすぎたんです。これがタトゥーが消えない原因。Ephemeralなら、分子が小さく、やがて皮膚から色素が排出されます」。

ずっと残らないなら…
してみたい?

とは言え、まだ細胞レベルでの実験が済んだ段階。今は、人間と遺伝子的に類似性のあるブタの皮膚を使って臨床実験中。2017年秋ごろの商品化を目指しているそうだ。

はたして、これがタトゥー新時代の幕開けとなるかどうか。もしも彼らの開発した1年で消えてなくなるインクが実用化されたら…。

あなたはやってみたいと思う?
やってみたい。
それでもやらない。
消えないタトゥーが良い。
ちょっと迷っちゃうな。

Reference:Ephemeral,Mental Floss,Tech Crunch

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。