ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『ブレードランナー』の続編に、映画『Wetlands(原題)』のカーラ・ジュリが出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スイス人女優のカーラ・ジュリは、タイトル未定の映画『ブレードランナー』の続編に出演する。

ジュリは、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング、ロビン・ライト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、デイヴ・バウティスタらと共演する。同作はドゥニ・ヴィルヌーヴ (映画『ボーダーライン』)が監督を務め、撮影は7月に開始する。

アルコン・エンターテインメントが製作し、米ワーナー・ブラザースが米国内の配給を、米ソニー・ピクチャーズが米国外の配給を担う。

本作の舞台はオリジナル版『ブレードランナー』(1982年)の数10年後に設定され、フォードが再びリック・デッカード役を演じる。リドリー・スコットが監督したオリジナル版の舞台は2019年のロサンゼルスであり、デッカードが別世界の植民地から逃げ出した4体のレプリカントを追うストーリーだ。

フィリップ・K・ディックによる短編小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を基に、ハンプトン・ファンチャーとデヴィッド・ピープルズが本続編の原案を作り、ファンチャーとマイケル・グリーンが脚本を執筆した。

サンダーバード・フィルムズのCEOのフランク・ギストラとティム・ギャンブルがエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。スコット、ビル・カラッロもエグゼクティヴ・プロデューサーに名を連ねる。

ジュリはシナン・イナンの映画『180°(原題)』でデビューし、同作でスイス映画賞助演女優賞を獲得した。また、2014年のサンダンス映画祭で公開されたダーヴィト・ヴネントのドイツ映画『Wetlands(原題)』にも出演した。ヴネントはクレイグ・ロビンソン出演のコメディドラマ『Morris From America(原題)』で今年のサンダンス映画祭に再び登場した。同作はA24を通じて今年の秋に公開される。

ジュリは、アノニマス・コンテント、UTA、カーティス・ブラウンと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP