ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レッチリ、アンソニーが病院搬送され公演延期 “すぐ完治の予定”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフロントマン、アンソニー・キーディスがインフルエンザの合併症により入院したと報じられたが、“すぐに完治する予定”とのことだ。バンドのウェブサイトが更新され発表された。

 5月14日、レッド・ホット・チリ・ペッパーズはカリフォルニア州アーバインで行われた【KROQ Weenie Roast】でヘッドライナー・ステージを予定していたが、その数時間前、キーディスは救急車で病院に搬送された。バンドは現在、カリフォルニア州バーバンクにあるiHeartRadio Theaterでの17日の公演も中止している。

 ウェブサイトには、「アンソニー・キーディスが土曜日(14日)の夜に下痢を伴うインフルエンザで入院したため、残念ながらレッド・ホット・チリ・ペッパーズは5月17日のiHeartRadioでのコンサートを延期しなければなりません。彼らは心配してくれているファンに感謝の意を表したいとしています。アンソニーはすぐに完治する予定です」と綴られている。

 現時点ではレッド・ホット・チリ・ペッパーズの次のツアー日程として、5月23日のオハイオ州コロンバスでの【ROCK ON THE RANGE】への出演が予定されている。

関連記事リンク(外部サイト)

レッチリ ニューAL『ザ・ゲッタウェイ』を6/17にリリース、最新シングル配信スタート
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、新曲公開&ニューアルバム詳細発表
レッド・ホット・チリ・ペッパーズが新作のミックス段階に入る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP