ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東日本大震災 新潟焼山噴火に続き大きな噴火起こす可能性

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東日本大震災から5年が過ぎ、世間の関心は4月に起きた熊本地震へと向いている。だが、忘れてはいけない。巨大地震が引き金となって、およそ5年以内に必ず起こるといわれている大噴火が、まだ起こっていないことを。その兆候が、ついに現われた。

 5月6日、新潟県と長野県の県境にそびえ立つ新潟焼山(やけやま)で水蒸気噴火による降灰が確認され、山頂から半径1キロメートル以内が立ち入り禁止区域に設定された。

 日付が変わった7日の深夜0時過ぎ、この噴火が“ただならぬ事態”だと説明する電話が本誌記者に入った。

「新潟焼山の噴火は東日本大震災の“最終章”である『ステージ4』に突入したことを示しています」
 
 警告の主は地震の研究者として知られる立命館大学・歴史都市防災研究所教授の高橋学氏だった。高橋氏が解説する。

「3・11以降、東日本一帯で火山活動が活発化しています。小さな地震が集中発生する場所が複数出現していますが、震源の深さは10キロメートル以内で、それらは全て活火山の地下。東日本の複数の活火山には、マグマがどんどん溜まる状況が続いている。そんな中、新潟焼山が噴火したのです。

 この山は岩盤が弱いため、他の山より早く噴火したと考えられますが、東日本大震災が引き金となって火山活動が活発化していることの証左だと思います。

 過去100年間に世界中で発生した11のM(マグニチュード)8.5以上の大地震では、およそ5年以内に近隣の複数の火山が必ず噴火しています。現状、唯一の例外は東日本大震災です。多くの専門家が“近い将来、噴火する”と見ています」

 つまり、新潟焼山の噴火は、東日本大震災が引き起こしたもので、近く、さらに大きな噴火が起こる可能性があるという指摘だ。

 2010年2月の南米チリで起きたマウレ地震(M8.8)では、翌2011年6月にプジェウエ・コルドン・カウジェ山が噴火した。さらに2015年3月にビジャリカ山、同4月にカルブコ山といった近隣の活火山が大きな噴煙を巻き起こして大噴火した。

 同様に1960年5月のチリ地震(M9.5)、1964年3月のアラスカ地震(M9.2)、2004年のスマトラ沖地震(M9.1)でも、発生から5年以内に周辺の火山が噴火している。

「今、日本では宮城・秋田・岩手3県にまたがる栗駒山や山形・福島県境の吾妻山、群馬県の草津白根山、群馬・長野県境の浅間山など複数の火山で地震活動が確認され、火口周辺規制がかけられた山もあります。

 これらの火山の地震データを長期的に観察すると、3・11以降に揃って活動が活発化している。東日本大震災を起因とした噴火は必ず起こります。本当に警戒が必要なのはこれからなのです」(同前)

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
「M9巨大地震から4年以内に大噴火」 過去の確率は6分の6
M9大地震後に周辺火山噴火例多数 東日本の火山一斉噴火準備
世界の7分の1が日本に集中する火山について易しく語った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。