体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「使えて、おしゃれ」な道具グルマが欲しい? ならばオススメは中古のミニ クロスオーバー!

生活・趣味
▲程良く新しく、でも汚れや小キズが過剰に気になるほど新しくはない。そして使い勝手も走りもともに上々ということで、中古のミニ クロスオーバーは今、道具グルマとして最高にオススメなんです!

▲程良く新しく、でも汚れや小キズが過剰に気になるほど新しくはない。そして使い勝手も走りもともに上々ということで、中古のミニ クロスオーバーは今、道具グルマとして最高にオススメなんです!

ガシガシ酷使する道具グルマは絶対に「中古車」の方がいい

以前、釣り車評論家(?)として活動していた際にしばしば言っていたのが「釣り車には新車ではなく中古車を、それもさほど高額ではないものを選ぶに限る」ということだった。ビカビカの新車や高年式高額中古車だと、それを汚したり傷つけたくないという思いがどうしても湧いてしまうため、モノは試しで細い悪路へ進入してみるなどの思いきったアクションが取りにくくなるからだ。

だが過日、それって釣り車に限らず「道具グルマ全般」に言えることなのだなぁと、あらためて痛感する出来事があった。筆者が主宰する中年草野球クラブの春合宿に行った際のことだ。

すべての練習プログラムが終了した後、普段は主将兼雑用係である筆者が行っている「泥だらけになったボールの洗浄」をチームメイトたちがやってくれることになった。日頃のお返しというやつである。で、数人がカゴに入った大量の軟式球をバシャバシャゴシゴシと洗ってくれ、そして筆者の車の後部座席まで運び入れてくれた。ちなみに車は中古で買った08年式ルノー カングーである。

非常にありがたいことだが、しかし大量の洗浄済み軟式球が入ったカゴをチームメイトがカングーの後部座席上にドサッと置いてくれた際、カゴからはそこそこ大量の「しずく」がシート上に流れ落ち、そしてカゴの底に付いていたそこそこ大量の泥もまたシートに付着した。

このとき筆者は強烈に「あ~、そこそこ安い中古車で本当に良かった!」と思ったのだった。

▲筆者が主宰する中年草野球団「東京フォッケウルフ」が茨城県で行った春合宿にて。ちなみに前列中央が筆者で、前列右端はなぜか自動車評論家の清水草一さん

▲筆者が主宰する中年草野球団「東京フォッケウルフ」が茨城県で行った春合宿にて。ちなみに前列中央が筆者で、前列右端はなぜか自動車評論家の清水草一さん

アクティビティに集中するためには新車は百害あって一利なし?

もしもこれが新車で買ったアウディ Q5か何かだったら、平然とはしていられなかっただろう。「あ……○○サン、ちょっと水と泥が……」とかつい言ってしまい、そして軽く「(……勘弁してくんねえかなぁ)」みたいな表情をしてしまったはずだ。

それを聞いたチームメイトも、大人なのでその場は「あーごめんごめん! オレが拭いとくよ!」とか言うだろうが、内心は「(……なんだよ、せっかく洗ってやったのに……)」と、どうしても少しは思うだろう。そしてそういった小さなほころびがやがて大きなほころびへとつながり、数年後にチームは空中分解。未収納の部費に関するいさかいと禍根だけが残る……というよくあるパターンになっていたかもしれない。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会