ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本語にも対応!スマホなしでも解錠可能なデジタル南京錠「eGeeTouch®スマートパッドロック」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
egeetouch_1今やスタンダードアイテムとなりつつある、スマート南京錠。

これまで取り上げてきたものは海外製のため、英語対応のみだったが、今回ご紹介するのは、日本語も使える便利品。スーツケースやボストンバッグなど、旅行時にも活用できるプロダクト「eGeeTouch® スマートパッドロック」だ。

・NFCタグ、ステッカーでも解錠可能

egeetouch_2暗証番号も暗唱ダイヤルも不要の本品。スマホの他、NFCタグ、ステッカーでも解錠可能。スマホの非常時にも対応できるよう、あえて複数の方法を採用している。タグやステッカーのアクセス管理(鍵のアクセス許可/削除、鍵の名前の変更等)は、もちろんアプリで実行可能だ。

解錠方法は簡単。スマホ利用の場合は、まずロックの電源ボタンを押す。次に、スマートフォンのNFC受信エリアを、ロックにかざす。あとはスライダーボタンを下げるだけ。わずか3ステップで、楽々鍵が開けられる。

・Makuakeで支援受け付け中

egeetouch_3解錠履歴は、最大20件まで記録。誰が、どこで、いつ解錠したのかを、その都度スマホで確認できるようになっている。

荷物が離れたとき(6~9メートルを想定)は、スマホを通して持ち主にアラート通知。海外旅行や子どもとの外出時にも、大いに役立つ仕組みだ。

スマートロックとして世界初となる、TSA認証を受けたことでも話題の「eGeeTouch® スマートパッドロック」。現在、Makuakeでプロジェクトを公開中。プレオーダーは、4,950円から。支援は、6月28日まで受け付けている。

eGeeTouch® スマートパッドロック/Makuake

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。