ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作がカンヌで上映、「”詩”こそが唯一の芸術であり、行為そのものであり、生き方」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在開催中の第69回カンヌ国際映画祭監督週間にてアレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作『エンドレス・ポエトリー』が上映され、監督が舞台挨拶を行った。

 2014年に23年ぶりの新作『リアリティのダンス』が公開され、来日イベントでは85歳とは思えないエネルギッシュな姿を見せ、往年のファンだけでなく若者をも巻き込みブームを呼んだホドロフスキー監督。そんな監督の2017年公開予定の『エンドレス・ポエトリー』は、『リアリティのダンス』の続編を望む世界中のファン約1万人からIndiegogo、Kickstarterといったクラウド・ファンディングで資金の多くを集めて製作された、待望の新作だ。

 前作『リアリティのダンス』のエンディングから始まり、故郷トコピージャから首都サンティアゴへと移り、様々な悩みや葛藤を抱えた青年時代のホドロフスキーが当時チリで出会った詩人、アーティスト、パフォーマーなど、アヴァンギャルドなカルチャー・シーンの人々との交流を、虚実入り交じったマジック・リアリズムの手法で描き、前作同様監督の長男であるブロンティス・ホドロフスキーがホドロフスキーの父親を、青年となったホドロフスキーを、末の息子であるアダン・ホドロフスキーが演じている。撮影監督は『恋する惑星』など、手持ちカメラの独特の映像で知られるクリストファー・ドイル。ウォン・カーウァイをはじめ、ジム・ジャームッシュやガス・ヴァン・サントなど様々な監督の作品に携わってきたドイルが、今回初めてホドロフスキー監督とタッグを組んでいる。

 現地時間5月14日には、現在開催中の第69回カンヌ国際映画祭にて今作のワールドプレミアが開催。上映後、会場を埋め尽くす800人もの人々の拍手喝采が鳴り止まぬ中、監督が舞台に登場し、舞台挨拶を行った。

 ホドロフスキー監督は、客席からの「映画は癒しになり得るのか?」という質問に「もちろんイエスだ。この映画は“詩的な物語”ではなく“詩的な行為”そのものなんだ。映画を作る行為、それ自体がサイコマジック・ボム、つまり癒しになるんだ。世の中の全てがお金に置き換えることができる現代において、”詩”とは唯一お金にに置き換えることのできないものだ。だから”詩”こそが唯一の芸術であり、行為そのものであり、生き方なのだ」と発言。

 続けて、「この映画の製作はとても大変だった。当初製作資金が足りなかったけれど、奇跡が起こるかもしれない、と撮影をスタートさせた。結果、キックスターターとインディーゴーゴーのクラウドファンディングで世界中から1万人に及ぶ人々が出資をしてくれ、作品を完成することができた」と答えた。

 夜の公式上映でにはホドロフスキーをはじめ、ブロンティス・ホドロフスキー、アダン・ホドロフスキー、チリからは母親役のパメラ・フローレス、子どものころのアレハンドロ役のイェレミアス・ハースコヴィッツが揃って劇場に登場、観客からは大きな拍手と声援がおくられた。

 各メディアからも「ホドロフスキーの最高傑作!」(米バラエティ紙)、「自由奔放なアイデアと本当の優しさに満ちた作品!撮影監督のクロストファー・ドイルによって降り注ぐ鮮やかな色たちがホドロフスキーのおとぎ話とマジックリアリズムを強調している」、「87歳にして、今がキャリアのピーク!」(米インディワイヤー誌)と絶賛の声が相次いだ。

◎『エンドレス・ポエトリー』あらすじ
物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接していく中でアレハンドロは、それまで自分が囚われていた檻から、ついに解放される。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、初めて恋に落ちたステジャ・ディアスとの会遇によって、アレハンドロの詩的運命は、新たな未知の世界へと紐解かれていく。

◎作品情報
『エンドレス・ポエトリー』
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影:クリストファー・ドイル
出演:アダン・ホドロフスキー/パメラ・フローレス/ブロンティス・ホドロフスキー/レアンドロ・ターブ/イェレミアス・ハースコヴィッツ
2016年/フランス、チリ、日本/128分/スペイン語

Photo: (c)Pascale Montandon-Jodorowsky

関連記事リンク(外部サイト)

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作が完成、2016年カンヌ国際映画祭監督週間で正式上映
御年86歳のアレハンドロ・ホドロフスキー監督が新作『エンドレス・ポエトリー』の製作を発表、謎の“ポエティックマネー”とは?
巨匠ホドロフスキーが100人のファンとの坐禅会で説く 「金は物を持つためではなく、自らの魂をより豊かにするもの」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP