ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャック・ブラック、ドウェイン・ジョンソン主演の映画『ジュマンジ』に出演交渉中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

古典的な児童書をリブートした米ソニー・ピクチャーズの映画『ジュマンジ』(ドウェイン・ジョンソン主演)に、ジャック・ブラックが出演交渉中であることが分かった。監督はジェイク・カスダン。マシュー・トルマックがプロデュースする。

本紙ヴァラエティは以前、本作品にケヴィン・ハートが出演交渉中であると報じた。情報筋によると、彼との交渉は現在も続行中だ。

リブート版『ジュマンジ』の米劇場公開は2017年7月28日に予定している。

プロデューサーにはウィリアム・ティートラーも名を連ねる。テッド・フィールド、マイク・ウェバー、ジョンソン、ダニー・ガルシア、クリス・ヴァン・オールズバーグらはエグゼクティブ・プロデューサーとなり、撮影は2016年8月からホノルルでスタートする。

オリジナル・ライターであるクリス・マッケーナとエリック・ソマーズが書いたドラフトを基に、スコット・ローゼンバーグとジェフ・ピンクナーがリブート版の脚本を執筆した。

1995年に公開された『ジュマンジ』は、ロビン・ウィリアムズ、キルステン・ダンスト、デヴィッド・アラン・グリア、ボニー・ハント、ジョンサン・ハイド、ビービー・ニューワースが出演した。1969年に12歳の男の子がボード・ゲームの中に閉じ込められ、26年後に解放されるストーリーだ。

2015年の映画『Goosebumps(原題)』(現在続編を製作中)の成功により、ブラックはソニーのお気に入りとなった。ごく最近、彼は映画『カンフー・パンダ3』にも声優として参加した。

ブラックはWMEと代理人契約を結んでいる。このニュースはThe Wrapが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP