ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

慣らし保育で離乳食もミルクもストライキ!来週から仕事の母、0歳の娘はどうなる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月から娘が保育園に通うことになりました。

世間では保育園に落ちたママたちが国会に陳情書を提出するなど、保育園問題は何かと話題ですが、我が家は運良くその切符を手に入れることができました。

しかし、喜んでばかりの保育園入園ではありません。

何といっても生後7ヶ月になったばかりの娘を新しい環境に慣れさせるのは、本当に大変です。

普段から、積極的にお出かけには連れ出していましたが、娘にとって長時間他人と過ごすのは未知の世界。

と同時に、母の私にとっても未知の世界でありました。

桜咲く、4月4日。

父・母揃って入園式に出席し、いよいよ登園スタートです。

入園からしばらくは、慣らし保育期間のため、9時から11時までの短時間保育。

数日は母が付き添い、娘が遊ぶ様子や10時のご飯の時間を見守ります。

初日は、慣れない環境で離乳食はうまく食べることができなかったものの、他の園児さんたちと遊べて楽しかったのかご機嫌で帰宅しました。

しかし翌日から、娘は怒濤のストライキを決行したのです。

10時のお食事タイムになると大興奮!

「ここじゃ、食べたくなーい!!」

と言わんばかりに、お食事エプロンをされては泣き、スプーンを口に近づけられては泣きと大暴れ。

離乳食が進まない子には、仕方なしにミルクを飲ませるのですが、それも拒否。

結局、お腹を空かせたまま、2時間を不機嫌に過ごし帰宅する…。

そんな1週間を過ごしました。

そして、迎えた2週目。

少しずつ保育園にも慣れるだろうと思っていましたが、それが甘かった…。

娘は私に似て、頑固でした。

この週もストライキを継続!

離乳食もミルクも拒否するので、保育時間を伸ばすことができません。

やっぱり、空腹のせいで保育園では不機嫌に過ごし、帰宅…。

再び、そんな1週間を過ごしました。

しかし、登園3週目の週から、母は仕事復帰することになっています。

王手をかけられた思いで、週末、娘にこう話ました。

「ママさぁ、○○ちゃんにご飯食べてもらえないと、お仕事ができないんだよぉ」

そして、迎えた3週目。

泣いてもわめいても、この日から母は仕事です。

9時から17時の長時間、娘が保育園を乗り切れるのか心配でなりません。

で、結果、全く問題ありませんでした。

先週までの娘が他人だったかのように、出された離乳食を全部食べ、 その上、ミルクまで飲み干す始末。

先生からのお便りには、

「今日もたくさんご飯を食べました。日中は腹這いになって遊んだり、バギーに乗ると気持ち良くなってウトウトしたり…。1日中、ご機嫌でした♪」…(汗

あのストライキはなんだったのかというほどの変わり身です。

母の「どうか保育園に行ってくだせぇ」との懇願が効いたのかは不明ですが、 すっかり保育園に行くのが楽しくなった娘。

先生やお友達にも慣れて、迎えに行ってもいつもニコニコしています。

子どもの適応力って、想像しているよりはるか上をいくんですね…。

うれしいような、ちょっと寂しいような?

と、心を置いてけぼりにされているのは、母ばかりです。

著者:BB_TAO

年齢:40歳

子どもの年齢:8ヶ月

7歳のチワプー(チワワ×プードル)と5歳のマルチーズの犬ママ、そして40歳初産の新ママ。娘に振りまわされながらも、翻弄される喜びも感じているバカ親。4月から仕事復帰したが、子育ての両立の難しさにただただ困惑中…。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

かわいい服ほど出番なし…保育園でのNG服に要注意。慌てて買い足すと失敗も?
離乳食の食材テストにお昼寝時間…0歳の保育園準備、大変なのは名前付けじゃなかった!
入園は子離れの第一歩。保育園ブルー、寂しいのは子どもではなくママでした

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP