ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Sony Ericssonが2011年Q3の決算を発表、出荷台数950万台、営業利益は回復

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

英Sony Ericssonが2011年Q3(7月~9月)の決算を発表しました。Q2は震災による部品調達難の影響から出荷台数・売上・利益と落ち込みましたが、Q3はどうだったでしょうか。Q3の端末出荷台数は950万台、今年Q2と比較して25%増、前年Q3と比較して9%減。売上高は15億8600万ユーロ、Q2と比較して33%増、前年Q3と比較して1%減。営業利益は3800万ユーロと、Q2の赤字からの回復は見せたものの、純利益としてはほぼゼロという結果でした。

Sony Ericsson CEOによると、現在までの端末出荷台数は2,200万台で、そのうち、AndroidベースのXperiaスマートフォンは全体の80%を占めているそうです。また、2012年に全ポートフォリオをスマートフォンに移行させるとのこと。Source : Sony Ericsson


(juggly.cn)記事関連リンク
米T-Mobile向け”Galaxy W”のプレス画像が公開、「Exhibit II 4G」として発売へ
Samsung、10月27日に英国でGalaxy Note関連のプレスイベントを開催
ソフトバンク、シャープ端末2機種「009SH」と「009SH Y」向けのソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。