体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ひと先試食】肉を休ませ旨みを戻す! 極上の塊肉の新たな味わい体験『お肉屋けいすけ三男坊』

6

新しいお肉の食べ方を提案する、肉料理専門店『お肉屋けいすけ三男坊』が5月16日、東京・広尾にオープン! 提供するお肉は基本的に“塊肉”! 薄切りのお肉をちまちま焼いて食べる時代はもう古い! とまでは言いませんが、塊肉を豪快かつ上品にいただくことが出来るのがこのお店。しかも、塊肉をただ焼くだけじゃないんです。

オープンに先駆け、ガジェット通信が独占取材! 一足先に味わってきました。

『お肉屋けいすけ三男坊』で提供するのは、山口県の名牛“高森和牛”。もともとあまり赤身肉が好きではなかったというオーナーの井上さん。しかし、明治時代から続く伝統を受け継いで生まれた高森和牛を岩国ファームで食べたとき、その印象が一変! きめ細かく上品な脂がのった赤身を塊肉で提供することを決めたのです。

※すべての画像入りの記事はガジェット通信でご覧ください
http://getnews.jp/archives/1460371[リンク]

18 19

店内はニューヨークのウェストビレッジにあるカフェがコンセプト。

15 20

全席ソファ席の落ち着ける店内には、『最後の晩餐』や“アルプスを越えるナポレオンの絵”など名画を模したチョークアートが描かれており、それを見るのも楽しい。

16

獺祭など山口県の銘酒や、塊肉に合うカルフォルニアワインなどアルコールも豊富に取り揃えています。

8

各テーブルに置かれた薬味入れもオシャレ。

21

この日に食べる和牛の登記書もお客さんの見えるところにきちんと飾ってあります。

IMG_5482 IMG_5487

奥には隠し部屋的な個室も! どなたでも予約可能ですよ。

コース料理は5500円、8000円、10000円のコースを用意。ちょっとお高い? と思うかもしれませんが、いやいや、この後のお肉の内容を見ていただきたい! 美味しい焼肉屋さんでも、良いお肉はそこそこのお値段がするじゃないですか。このお店は上質な赤身肉、しかも薄切りではなく“塊肉”! そして1品ではなくコースでこのお値段はお得だとすら感じますよ!

1 2

まずは「厚切り牛タン」。厚切り! 言葉に嘘のない、しっかりとした厚切り。

32

目の前のロースターにどっしりと厚切り牛タンが並びます。美しく赤く輝くその姿はお肉界のルビーのよう……。早く食べたい!

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。