ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

そのイライラに! ストレス解消できる3つの栄養素

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イライラしやすいのはストレスが溜まっているから……そんな時にはカルシウムが効くと言われていますが、実はストレス解消できる栄養素はカルシウムだけではありません。ここでは、カルシウム以外のストレス解消できる栄養素をご紹介します。ストレスが溜まっているという方は、ぜひ試して、自分に合った栄養素を見つけてくださいね。

ビタミンCでホルモンの分泌をスムーズに!

ビタミンCには美肌効果のイメージがありますが、実はビタミンCには副腎皮質ホルモンの分泌をスムーズにする働きもあるのです。副腎皮質ホルモンにはイライラや不安を抑える働きがあります。コレステロールから生成されますが、それを助けるのがビタミンCです。ストレスでイライラしたらビタミンCを摂ってみましょう。ストレスを感じる時はビタミンCが消費されやすいので、ストレスを抱える人ほど多めに摂って欲しいビタミンです。

ストレスでビタミンB1が大量に消費される!

ビタミンB1には、脳の中枢神経を正常に保つ働きがあります。ビタミンB1の不足による症状は、疲労感や精神の不安定感、気分がふさぐなどです。ビタミンB1もストレスを感じると大量に消費されてしまいます。イライラしがちな時は、ビタミンB1の多い、豚肉や鳥レバー、うなぎ、カツオなどを食べてみてはいかが? 白米や牛乳にもビタミンB1は含まれています。

マグネシウムはカルシウムの働きを助ける!

イライラ防止に効果のあるカルシウムも、マグネシウムを一緒に摂った方がより効果的です。カルシウムは吸収率が低いのですが、それを高めるのがマグネシウムの役割。マグネシウムを摂ることで、たっぷりとカルシウムが吸収されるのです。カルシウムとマグネシウムの理想的な割合は2:1です。マグネシウムはバランスの取れた食事を取っていれば不足することはありませんが、少し多めに摂りたい時は、ほうれん草、アーモンド、枝豆などを食べてみるといいでしょう。

カルシウム以外にもストレス解消に効果的な栄養素はいろいろあります。これらの栄養素は、不規則な生活や乱れた食生活を続けることで失われてしまいがちです。忙しい時ほど、ストレスが溜まりやすいという悪循環にならないように、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP