ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノルウェー・オスロで必ず立ち寄りたい観光スポット10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit:frkstyle via Flickr CC

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はノルウェーの首都オスロにある観光スポットを紹介します。「ノルウェー」といえば、フィヨルドに代表される雄大な自然ですよね。しかし、首都オスロにも見逃せない観光スポットがたくさんあるのです。それでは、早速オスロの観光スポットを見ていきましょう。

オスロはどのようなところ?

オスロはノルウェーの首都です。人口は約65万人、ノルウェー最大の都市でもあります。現在でも年1万人のペースで増え続けており、ノルウェーの約50%の人口がオスロ周辺に住んでいます。オスロが「オスロ」と名付けられたのは意外と新しく1925年のこと。1925年以前は「クリスチャニア」と呼ばれていました。

Daisuke Ogura「オスロにコーヒー飲みに行ったついでに、コペンハーゲン、フィヨルド観光行こうと思ったら失敗した旅」

オスロのオススメスポット10選

それでは、オスロのオススメスポットをご紹介しましょう。

1. ノルウェー王宮

Photo credit:

ノルウェーは現在でも王様がいます。その王様が住んでいる場所がノルウェー王宮です。「王宮だから、豪華な建物だろう」と思いきや意外とシンプル。あまりにシンプルさに驚かれる方も多いでしょう。王宮の建物は1825年に着工され1848年に完成しました。見所はなんといっても閲兵の交代式。平日の13時30分に見られます。お見逃しなく。王宮へは路面電車13、19系統、もしくは地下鉄でナショナルテアートレ(Nationaltheatret)駅下車、徒歩5分です。

ノルウェー王宮(Det kongelige slott)
住所:Slottsplassen 1, Oslo
営業時間:ガイドのみ 12:00、14:00、14:20、16:00(夏季限定)
料金:95NOK(大人)、85NOK(シニア)、無料(3才未満)
電話番号:(81)533133
ホームページ:http://www.kongehuset.no

2. オペラハウス

Photo credit:Coco Nagashima「北欧ノルウェー女子一人旅♡オスロの街をのんびり散策」
現代建築に興味がある方は必見です。2007年に完成したオペラハウスは大きなガラス窓に真っ白な色彩。日本ではなかなか見られないような未来的な建築スタイルです。もちろん、世界からも高い評価を得ています。外側のスロープを上がると頂上にたどり着きます。そこから、眺めるオスロの街並みもなかなかのものですよ。アクセスはオスロ中央駅から歩いてわずか5分。時間がなくても、ぜひ立ち寄ってみたい観光スポットです。

オペラハウス(Det kongelige slott)
住所:Kirsten Flagstads Plass 1
営業時間:営業時間は毎日、異なります。
料金:記載なし
電話番号:+47 21 42 21 00
ホームページ:http://www.operaen.no

3. ムンク美術館

Photo credit:Takayuki Nishi「軽い手荷物の旅 ノルウェー編」
ノルウェーの偉大な芸術家といえばムンクでしょう。「ムンク」という名前を知らない方でも、ムンクの『叫び』を見た方は多いはず。ムンクの『叫び』はこの美術館で展示されています。『叫び』以外にもムンクの力作が多数展示されています。ムンクの絵画を楽しんだあとは『叫び』をモチーフにしたチョコレートを食べましょう。きっとムンクファンになること、間違いなしです。アクセスは地下鉄のトイエン(Tøyen)駅下車、徒歩3分です。

ムンク美術館(Munch-Museet)
住所:TOYENGATA 53, 0578 OSLO, NORWAY
営業時間:10:00~16:00(火曜日、水曜日、金曜日)、10:00~18:00(木曜日)、10:00~17:00(土曜日、日曜日)
料金:95NOK(大人)、50NOK(シニア)、
電話番号:+47 21 42 21 00
ホームページ:http://www.munch.museum.no

4. 国立美術館

Photo credit:Daisuke Ogura「オスロにコーヒー飲みに行ったついでに、コペンハーゲン、フィヨルド観光行こうと思ったら失敗した旅」
ムンク美術館もオススメスポットですが、国立美術館も見逃すことはできません。国立美術館にもムンクの作品がたくさんあります。また、ゴッホ、ルノアール、モネのようなヨーロッパの有名画家の作品も多数展示されています。きっと、お気に入りの作品を見つけることでしょう。ただし、館内は写真撮影禁止です。しっかりと目に焼き付けてください。アクセスは路面電車10、11、17、18系統でチュリンロッカ(TULLINLOKKA)電停下車、徒歩2分です。

国立美術館(Nasjonalgalleriet)
住所:7014 St. Olavs Plass, Oslo,0130 Norway
営業時間:10:00~18:00、10:00~19:00(木曜日)、11:00~17:00(土曜日、日曜日)
料金:50NOK(大人)、無料(子供)、日曜日は無料
電話番号:(21)982000
ホームページ:http://www.nationalmuseum.no

5. ノルウェー海洋博物館

Photo credit:
ノルウェーは世界有数の海洋国家としても知られています。毎日、オスロ港にはひっきりなしに船が出入りしています。そのような、海洋国家「ノルウェー」の実態を学べるのが海洋博物館。館内には帆船から客船、タンカーまで様々な船が展示されています。時代別に分けられているので、とても分かりやすいのが特徴。意外なノルウェーの姿を発見できるかもしれません。アクセスはバス30系統に乗車、ンティキ・ムセー(Kon-Tiki Museet)下車、徒歩1分です。

ノルウェー海洋博物館(Norsk Maritimt Museum)
住所:Bygdoeynesveien 37, Oslo
営業時間:10:00~17:00(5月15日~8月31日)、10:00~15:00(9月1日~5月14日 火曜日~金曜日)10:00~16:00(9月1日~5月14日 土曜日、日曜日)
料金:60NOK(大人)、30NOK(子供)、35NOK(シニア)
電話番号:(24)114150
ホームページ:http://www.marmuseum.no

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP