ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界記録走者ボルトの速さを体感!プーマがMITと共同で並走ロボットを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

数々のスポーツ用品を提供するプーマより、アスリートの毎日のトレーニングを強力にアシストする、ランニングロボット「BeatBot(ビートボット)」が登場した。

今回のロボットの開発に際しては、同社の関係者のほか、NASAのロボットエンジニアやMITの学生による協力のもと進められた。

・アスリートと並走する自己駆動型ロボット

 

外見は90年代に流行したラジコン。大きく
異なるのは、常に誰かによって操作される必要がないという点だ。それを可能にするのがBeatBotに搭載された9つの赤外線センサーである。

走行前に走行距離およびスピードを入力しておけば、その後は人間による補助なしに、トラックの線を探知し、普通の人間と同じように走行することが可能である。

・走行スピードは世界最上級

「目の前にいる足の速い誰かをライバル視することで、自分自身の競争心が掻き立てられ、より速く走ることができる」という考えのもと開発されたのがこのマシン。

世界最速の男として知られるジャマイカ出身のウサイン・ボルト選手の記録を破った強者でもあり、その走行スピードは世界最上級である。

・運動記録機能を搭載

また、BeatBotは運動記録者代わりにもなる。車体の前方および後方には小さなカメラが付いている。

走行中、アスリートのパフォーマンスを撮影し、リアルタイムの記録を保存することができるようになっている。

BeatBotの使用が認められているのは、プーマが支援するチームおよびアスリートのみ。非常に高額であるがゆえに、一般人の手には及ばないというのが現状。

しかし、今後は手頃な価格で提供できるよう改良を進めていくとのことで、我々にとって身近なツールとなる日もそう遠くはないであろう。

BeatBot

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP