ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リドリー・スコット、米20世紀フォックスによる西部劇映画『Wraiths of the Broken Land(原題)』の監督へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リドリー・スコットが、S・クレイグ・ザラー原作の西部劇小説をもとにした米20世紀フォックスによる映画『Wraiths of the Broken Land(原題)』の監督を務める。スコット監督は同作で、映画『オデッセイ』の脚本家のドリュー・ゴダードと再びチームを組む。

スコット・フリー・プロダクションズのマイケル・シェーファー、ジャンル・フィルムズのサイモン・キンバーグ、アディティア・ソード、ゴダードがプロデュースする予定だ。

2013年に発行された小説『Wraiths of the Broken Land(原題)』のストーリーは、1900年頃のメキシコを舞台に、2人の姉妹がストリップクラブで娼婦にさせられてしまう。姉妹の2人の兄弟と父親が、元奴隷、インディアン、戦術的なリーダーである残忍な殺し屋(または生霊)を含むアウトローのギャングたちを通じて姉妹の救出を試みる。

米20世紀フォックスによる『オデッセイ』は、全世界で6億3000万ドル以上の興行総収入を上げた。第88回アカデミー賞では、ゴダードのアカデミー賞脚色賞を含めた7部門でノミネートされた。

ザラーは、自身の脚本のもと、西部劇ホラー映画『Bone Tomahawk(原題)』の監督を務めた。ザラー原作の西部劇小説『Wraiths of the Broken Land(原題)』は、西部劇小説『A Congregation of Jackals(原題)』の後に書かれた。

スコット監督は、映画『プロメテウス』の続編となる米20世紀フォックスによる映画『Alien: Convenant(原題)』の撮影をニュージーランドで開始した。マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチルが出演する。同作は、2017年8月4日に米劇場公開が予定されている。

スティーヴン・アスベルが、米20世紀フォックスの監修を担う。スコット監督は、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)と、ゴダードは、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。このニュースは、デッドライン・ハリウッドが最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP