ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐藤健 『せか猫』フォトブックで素の表情を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 余命わずかな、「僕」。ある日、「僕」と同じ姿をした悪魔が現れて、「僕」は明日死ぬと告げられる。もしもその時に、

「この世界からひとつ何かを消す、代わりに1日の命をあげる」

 と言われたら…。電話や映画など、悪魔は次々とこの世界のものを消していくが、命と引き換えに大切な思い出もまた消えていく――。

 川村元気のベストセラーを映画化した『世界から猫が消えたなら』(通称・せか猫)のオフィシャルフォトブック(小学館)が登場。名シーンで辿るストーリーやシナリオ完全版に加え、秘蔵トピックスやメイキングを収録している。シーンによっては、「ぼくのあるクセが時々出てくるので見逃さないで」といったガイドも盛り込まれ、映画を見る前に読んでおけば作品をより楽しめそう。

 主演・佐藤健(27才)の撮り下ろし&自撮りカットでは、猫好きな佐藤が猫と戯れる“素”の表情にキュンとくる。オフショットにはアルゼンチンの猫など、ロケ先で出会った猫たちも登場。猫好きにもたまらない。

 キャストやスタッフの「余命宣告されたなら」のインタビューには、それぞれの死生観や人生との向き合い方が綴られ興味深い。自分なら、どうするか。作品を見た後で、「僕」の気持ちになって読み返せる。

撮影■丸尾和穂

※女性セブン2016年5月26日号

【関連記事】
2013年本屋大賞ノミネートされて映画化も決まった名作が文庫化
佐藤健 映画『せか猫』のアルゼンチンロケを振り返る
『せか猫』主演・佐藤健「猫は人格を形成する大事な部分」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。