ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

odolがアルバム「YEARS」1曲目に込めた思い

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜17時からの番組「Mercedes-Benz MUSIC FACTORY」(ナビゲーター:グローバー)。5月14日のオンエアでは、新人の登竜門と言われる、フジロックのROOKIE A GO-GOにも出演を果たしたodolの5人をゲストにお迎えしました。

「odol」は2014年にボーカル/ギターのミゾベリョウさん、ギターの井上拓哉さん、ベースのShaikh Sofianさん、ドラムスの垣守翔真さん、ピアノの森山公稀さんの5人で結成されたバンド。バンド名「odol」にはどういう意味が込められているのでしょうか?

「よく『ダンスロックじゃなかったんだ?』って言われるんですけど、それはちょっと想定してなくて、どっちかというとコンテンポラリーダンスとかジャズダンスっていうダンスと、“心躍る”っていう二つの意味から、ボーカルのミゾベが付けました」(森山さん)。 odolの“躍る”イメージは、クラブミュージックやダンスロック系のダンスではなく、クラシック系のダンスだったのですね。

もともと、ミゾベさんと森山さんが中学校の同級生で、2人で色々なバンドをやっていたそうなのですが、ミゾベさんが大学進学のために上京。井上さん、垣守さん、Shaikhさんの3人と出会い、その後に森山さんも上京して5人になったそうです。

ベースのShaikhさんは5弦ベースなのですが、「4弦じゃ弾けないんですよね、odolは。ピアノがいるので(ハーモニーを作る時に)『4弦じゃ足りない、5弦にするしかない』ってなって(笑)」とShaikhさん。

ドラムスの垣守さんは他のメンバーより少し年上なのですが、バンドに加入した経緯はネットの「バンド募集」サイト。そこでミゾベさんのデモ音源を聴き「これだ!」と感じたそうです。もっとも魅力的に感じたところを垣守さんが、「声ですね。その特徴的な。誰にも例えられないような」と答えると、思わずミゾベさんから「嬉しい!」の声。そのため、プレイは「できるだけ声を立たせたい」と心がけているそうなのですが、これは他のメンバーも同じで、ミゾベさんの歌を中心にしたいという思いがあるとのこと。

そして話は、5月18日にリリースとなる待望の2nd.アルバム「YEARS」の製作過程に。タイトルトラックにもなっている1曲目「YEARS」。この曲を1曲目にしたのにはこだわりがあったそうです。「(曲が)できた瞬間に『これ一番最初の曲だな』って。もうそれしかないみたいな感じでしたね」とミゾベさん。「YEARS」はアルバムの中で、一番最初に完成した曲であり、他の曲はこの曲を軸に作られたそうです。「まずこの曲を聴いてもらって、アルバムを始めたいっていうところがみんな納得して決まった」(森山さん)。

スタジオでは、アルバム収録曲「グッド・バイ」を、そしてグローバーとのセッションでは、YEN TOWN BANDの「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」を披露してくれました。この「Swallowtail Butterfly」はミゾベさんと森山さんが高校生の頃、よく聴いていた曲だそうで、「この曲のどういったところが好きですか?」とのグローバーの質問に、「全てですね」とミゾベさん。さらに森山さんは、「サビのストリングスをピアノのフレーズを作る時にめっちゃ参考にしてます」とのこと。

今後もますます注目のバンド「odol」。2nd.アルバム「YEARS」はもちろんのこと、ぜひライブにも足を運んでカラダとココロを躍らせてください!

【関連サイト】
「Mercedes-Benz MUSIC FACTORY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/musicfactory/

寂しいから歌を歌ってる「ココロオークション」の魅力(2016年05月01日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1486.html

ONIGAWARA「J-POPになって死にたい」(2016年04月17日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/onigawaraj-pop.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP