ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

解散回避も確執続くSMAP 修復のカギは草なぎ剛か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「解散なんて冗談じゃない。はっきりしときますよ。絶対にない」――年初の日本列島を騒然とさせたSMAPの解散騒動から早4か月。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川氏が、騒動以来初めて公に口を開いた。

 さらに、来る9月9日にデビュー25周年を迎えるSMAP。「開催は未定」と報じられていた記念ツアーについてもジャニー氏はこう明言した。

「盛大にやるべきです。萎縮したり周りに遠慮したりする必要はない。彼らは“オレたち、もういいよ”と言うと思うけど、やらなきゃいけない」

 解散を回避したSMAPだが、最大の問題は、社長でも事務所でもなく、肝心のメンバー間の溝にある。

 特に、独立騒動時に、1人だけ事務所残留を決めた木村と他4人のメンバーの確執はいまだ根深いとされており、4月末、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の収録ではこんな光景が見られたという。

「リハーサル中、カメラテストをかねて3曲ほど歌い終えると、中居さん、草なぎさん、香取さんがさっと控え室に戻り、木村さんだけがステージに取り残されていました。稲垣さんはセット裏でスタッフと雑談していましたけど…。メンバー間の会話は一切ありませんでした。今までずっと一緒だった稲垣さんと草なぎさんの楽屋が別々になっていたのも気になりました」(テレビ関係者)

 初夏に放送予定だという同番組の特番収録でも異常事態が起きていた。

「特番ではメンバー5人がそれぞれの企画でロケや撮影をしますが、木村さんだけ“4人とは別の撮影クルーと組みたい”と主張して、現場が困惑しているんです。主演ドラマ『HERO』で一緒だった気の合うスタッフを希望しているようです」(前出・テレビ関係者)

 番組の打ち切り説も根強く、撮影現場の空気を前に「もう限界」という関係者の声はよく聞かれる。

 4月25日放送の『スマスマ』では、メンバー5人が揃って熊本地震の支援金を呼びかける場面があった。中居がセンターに立ち、左隣に神妙な面持ちの木村。

《思わず謝罪会見を思い出してしまった》

 という声がネット上に溢れた。中には、《もう彼らには自由にしてほしい》という叫びもあった。

「いろいろ言われますが、秋以降も『SMAP×SMAP』は続く予定です。収まらない現状に焦った中居さんは番組プロデューサーと食事をしたり、ジャニー社長と連絡をとったりと動いたんです。まだ難題が山積みで、頭を抱えているといいますが…」(芸能関係者)

 一方の木村は、次なる主演ドラマの話が進行しているという。

「過去に高視聴率を記録した主演作のプロデューサーと再びタッグを組むようで、来年1月クールの放送予定です」(別の芸能関係者)

 稲垣と香取も、各々舞台や映画、CMなど役者仕事に邁進している。草なぎの動向も注目される。メンバーの中で木村と最も距離が近かったのは草なぎだった。

「昨年の誕生日、木村さんは彼に愛用のピックをプレゼントしています。草なぎさん、今でもギター弾くときはそのピックを使っているんです。“これは大事なんだ”って。木村さんと他のメンバーを結びつける接着剤の役割ができるのは、草なぎさんかもしれません」(別の芸能関係者)

 土壇場で動き出した25周年メモリアルライブ。その実現がイコール「解散騒動の終結」と言えるわけではない。

「ライブはSMAPにとって大きな賭け。気持ちが一つになっていないままステージに上がれば本当に今後はありません。でも、ファンの声援を直に感じたメンバーが共に手を繋ぐことができたら、その時初めて解散騒動が過去になり、SMAPは伝説のグループになる」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2016年5月26日号

【関連記事】
SMAP スマスマ楽屋ではそれぞれの時間を過ごしているらしい
ビストロSMAPのイメージカラーは前身『夢がMORIMORI』から
草なぎ剛 タモリが稲垣に高級ワイン開け「オレにも」と嫉妬

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。