ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

五月病撃退のカギはセロトニン!美味しく、効率よく摂取できるアボカドナッツカルボナーラのレシピ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アボカドナッツカルボナーラ/渡部アキGW明け頃から良く見られるという症状といえば、五月病。

仕事や住まいなどの新しい環境の中、なかなか適応出来ず、そのまま大型連休に入ったことで、休み明け仕事に行くのがゲンナリしちゃう…というのが五月病の要因だそうですが、実は五月病は脳内物質のセロトニンが不足すると起きやすくなるのです。

セロトニンとは神経伝達物質のことで精神を安定させる作用を持っています。これが不足すると気分が落ち込むなどでうつ病や不眠にも繋がるとも言われています。

 

ではこのセロトニン不足を解消するためには一体どんな食べ物を摂ればいいの?

実は、セロトニンを分泌させるには、3つの栄養素が必要!それがアミノ酸、ビタミンB群、炭水化物なのです。

具体的に言うとアミノ酸の「トリプトファン」、ビタミンB群の「ビタミンB6」で、この3つをバランス良く摂取したらセロトニンを生成し、かつ脳内に上手く取り込めるのです。

 

では、その3つの栄養素が摂れる食材を見てみましょう。

◯トリプトファン:肉、魚、大豆製品、玉子、牛乳、ナッツ類など

◯ビタミンB6:鶏肉、レバー、魚、バナナ、アボカド、パプリカ、ナッツ、ニンニク

◯炭水化物:ご飯、パン、麺など

上記のような食材が代表的なものですが、これらを組み合わせて作る簡単で美味しいレシピをご紹介したいと思います!

 

アボカドナッツ カルボナーラ

<2人分>

スパゲッティ・・・・・・・180g

鶏肉・・・・・・・・・・・100g

パプリカ・・・・・・・・・1/2個

ニンニク・・・・・・・・・1かけ

アボカド・・・・・・・・・1個

牛乳・・・・・・・・・・・100cc

玉子・・・・・・・・・・・2個

ブラックペッパー・・・・・適量

コンソメ・・・・・・・・・小さじ2

粉チーズ・・・・・・・・・大さじ1

塩・・・・・・・・・・・・少々

オリーブオイル・・・・・・少々

アーモンドやクルミなどお好きなナッツ類

 

(1) アボカドの2/3個分をつぶし、牛乳と、卵白、粉チーズ、多めのブラックペッパーを加え混ぜる。

アボカドナッツカルボナーラ/渡部アキ

(2) 残りのアボカド、鶏肉、パプリカは食べやすい大きさにカットし、みじん切りのニンニクをオリーブオイルで炒め、鶏肉とパプリカも加え炒める。

アボカドナッツカルボナーラ/渡部アキ

(3) スパゲッティを規定時間茹でて湯切りし、(2)に加えたら、(1)とコンソメ、カットのアボカドを入れて混ぜる。

アボカドナッツカルボナーラ/渡部アキ

(4) ブラックペッパー、塩で味を整えたら器に盛り、細かく砕いたナッツを散らし、卵黄を落として出来上がり!

 

 

 

同時に、セロトニンは誰かと一緒に食事を食べることで更に分泌が活性化されるそうです。食事で「楽しいな」と感じることが大事なんですね。

お友達やカレをお家に招いてお料理をふるまって一緒に食べるというのもいいですね!「美味しいね」って言われたら、もちろん楽しい気分になれますし、誰かにふるまうお料理作りにも、俄然やる気が出そう!

誰かと一緒に食べる美味しいお料理でユウウツな五月病をふっ飛ばしましょう!

 

》渡部アキ のその他の記事はこちら

ライター:渡部アキ

役者・ダンサー、アイドルプロレスラーとして活動する傍ら、お料理タレントとしてUSTREAM番組「Akitchen☆」を配信中。ユーザー投票により年間で面白かった番組を選出する『USTREAM大賞』にて、2012年より連続受賞を果たしている。

渡部アキ オフィシャルHP ★AKIDOKI★(http://akidoki.net/
渡部アキ オフィシャルブログ AKIZAKKI(http://ameblo.jp/akizakki/
お料理トークバラエティAkitchen☆(アキッチン)(http://www.ustream.tv/channel/akitchen

関連記事リンク(外部サイト)

デトックス&アンチエイジング!体が喜ぶ、まるごと新玉ねぎのレシピ
お家で作れる!オシャレ感満載『パテ・ド・カンパーニュ』
2016夏を先取り!”エスニック&ハワイアン”なビアガーデン3選
流行りのオイルおにぎりで美活なGW。いつものおにぎりを美意識高いものへチェンジ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。