ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Ms.OOJA 歌詞はファンの相談から作る?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜18時からの番組「SAPPORO BEER OTOAJITO」。(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。5月14日のオンエアでは、シンガーソングライターのMs.OOJAさんが登場しました。

まずは、Ms.OOJAさんオススメの“ビールに合うおつまみ”を紹介しました。ラジオの収録のため、週2で札幌に行っているというMs.OOJAさん選りすぐりの北海道のおつまみは3つ。

栗山町で作られた「栗山ハム」、爽やかな後味の「山わさび入りイカ塩辛」、そして、ししゃもが練りこまれたチーズ「ストリング・しおかぜ」。中でも、「ストリング・しおかぜ」は「本当にししゃも!」「食感もししゃも」(クリス)と、気になる商品。この3つのおつまみのラインナップに、クリスも「OOJAさん、通ですね!」と大絶賛でした。

そして番組では、Ms.OOJAさんの音楽のルーツについて伺いました。

クリス:三重出身なんですよね?

Ms.OOJA:そうなんです。三重の四日市というところの出身で。

クリス:どんなお子さんだったんですか?

Ms.OOJA:すごい活発な子だったんじゃないかなあ、と。小学校の頃は体動かすのが好きで、男の子に混ざってサッカー部に入ってましたね。

クリス:音楽に目覚めたのは、おいくつの時だったんですか?

Ms.OOJA:子どもの時から、歌うことはすごい好きで。中学生の時に、友達とカラオケに行って「歌、うまいね」と言われたんですよ。で、「私、歌うまいんだ」って、その時に初めて気付いて。

クリス:自分では、分からないわけだ。

Ms.OOJA:「歌うまいんだ」と思ったらどんどん嬉しくなってきて、その辺くらいから歌手になりたいかも、と。

そして、17歳の時、ダンスイベントの合間に初めて人前で歌を披露し、「人生が開くような感覚」を感じたと言います。また、自ら作詞も手がけるMs.OOJAさんは歌詞について、意外なところからヒントをもらっているようで…。

クリス:歌詞なんかは実体験ですか?

Ms.OOJA:実体験はもちろんなんですが、友達の話や、あとはファンの子が手紙に相談ごとを書いてくれて…。

クリス:どんな相談ごとですか?

Ms.OOJA:まあ、彼とのこととか、色々と。それを歌詞に取り込んだりしてます。

そんなMs.OOJAさんは、3月にベストアルバム「Ms.OOJA THE BEST あなたの主題歌」を発売。「聞く人がそれぞれのシーンで自分の主題歌を見つけてくれて、人生に彩りを添える役目をこのアルバムを果たしてくれたら嬉しい」(Ms.OOJAさん)とのこと。ぜひチェックしてみてください!

【関連サイト】
「SAPPORO BEER OTOAJITO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

ディーン・フジオカ、楽曲へのコメントが深すぎる…(2016年05月12日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1569.html

実家が葬儀屋のKenKen 「お葬式のサクラのバイトなんてあるの!?」(2016年05月11日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/kenken-2.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP