ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電車・バス・カーシェアなどの情報がワンストップに!ポートランドの乗換案内アプリが先進的

DATE:
  • ガジェット通信を≫

個人で保有する自動車や自転車、電車・バスなどの公共交通機関に加え、カーシェアサービスやバイクシェアリングサービスなど、近年、私たちのモビリティ手段は、ますます多様化してきた。

しかしながら、情報検索やオンライン決済などのためのプラットフォームはサービスごとに独立し、別々に提供されているのが現状だ。

・多様なモビリティ手段をスマホアプリで統合

米オレゴン州ポートランドの交通局「TriMet(トライメット)」は、大手自動車メーカーDaimler(ダイムラー)傘下のモビリティテクノロジー企業moovelと提携し、2016年5月5日、公式スマホアプリ「TriMet Ticket(トライメット・チケット)」をバージョンアップした。

従来の乗り換え検索機能や運賃のモバイル決済機能、モバイルチケットの発行機能に加え、カーシェアリングサービス「Car2Go」とオンデマンド型配車サービス「Lyft」とも連携。

「TriMet Ticket」を使って、次の停車駅周辺で利用可能な「Car2Go」の位置情報や、降車駅から目的地までの「Lyft」の利用料金を、リアルタイムで検索することができる。

「TriMet」では、2016年夏にポートランドで開設予定のバイクシェアリングサービス「BIKETOWN」をはじめ、より多くのモビリティサービスと「TriMet Ticket」との連携を目指す方針だ。

・スムーズな移動を実現

公共交通機関と代替的なモビリティサービスの情報をモバイルプラットフォームで統合することにより、効率的な移動手段をワンストップで簡単に見つけ出すことができれば、ヒトの移動そのものも、よりスムーズになっていくだろう。

TriMet

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP