ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

盗難から大切なカメラを守る工夫

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
盗難から大切なカメラを守る工夫

海外旅行に出かける時、ほとんどの人がカメラを持っていくのではないでしょうか?特に世界一周のような長期旅行の場合は新しいカメラを購入したり、とても高価な機材を持っている旅行者も多く見られます。

ただ、日本と比べるとどうしても強盗やスリなどの危険が増えてしまいますし、あえて日本人をターゲットにしているという話も色々な国で聞きます。そこで今回は海外にカメラを持って行くなら知っておくべき盗難対策をご紹介したいと思います。

 

カメラのロゴを隠す

IMG_4221

photo by yukiueda

全てのカメラにはメーカーのロゴが入っています。強盗やスリはこのロゴを見てより高い商品を見定めています。そこでCanonなどのロゴや機種がわかるような場所には黒いガムテープやパーマセルテープなどを貼って隠してしまいましょう。

ちなみにパーマセルテープとはプロの現場でもよく使われているテープで粘着性が強いにもかかわらず、剥がしたときに跡が残らない優れものです。

 

ストラップは付属のものを使わない

5738082911_cd35d69cda_b

photo by TinyApartmentCrafts

スリやカメラを落としたりする危険を防ぐのにカメラストラップを使うのはとても有効的です。

ですが、カメラを買った時に付属しているカメラストラップにはメーカーや機種が目立つように刺繍されているのでスリをまねく要因になってしまいます。そこで海外に行く際にはストラップを純正品から別のものに変えておくことをおすすめします。

今は色んな種類があり、純正品よりもかっこよかったり可愛いものも多いので自分の好みのストラップを探してみるのも楽しいですよ!

 

首からカメラを下げっぱなしにしない

photographer-455747_1920

photo by pixabay

カメラを首から下げたまま歩いている人を日本でも海外でもよく見かけますよね。もちろん日本国内なら問題はないのですが、治安の悪い国だと格好の標的になってしまいます。

海外ではカメラは基本的に首から下げずにカバンに入れておき、撮る時だけ取り出し、終わったらまたバックに入れる、ということを心がけましょう。いちいち出したり入れたりが面倒くさい気がしますが、これだけでかなり狙われにくくなります。

 

バックアップをとっておく

21164962706_31725a0444_b

photo by osde8info

カメラを盗難にあった旅人と話しているとよく言っているのが「データだけでも…」という言葉。その気持ち痛いほど分かります。

カメラは保険に入っていれば返金もあるし、諦めはつくけどデータは返ってきません。撮影データをこまめにバックアップをとっておけば最悪のケースに会ってもそれまでの思い出は手元に残ります。

 

海外旅行保険に加入しておく

puzzle-210791_1920

photo by pixabay

どんなに注意していても盗られてしまいう時は盗られてしまうもの。無理をして怪我をするくらいなら諦める方が得策と言えます。

そんな時のためにも海外旅行保険は絶対に加入しておきましょう。契約内容にもよりますが、帰国後に全額返金される可能性もあります。

 

まとめ

盗難を防ぐたために1番大切なことは目立たないことと高いものを使っていると思わせないことです。僕自身も仕事で海外の撮影に行く時にはちょっとかっこ悪いですがカメラに黒いテープを貼って、わざと汚く見えるように工夫をしています。

また、夜間や治安の良くない通りなどの情報を事前に調べておくだけでも大きく盗難のリスクは防ぐことができます。安全な旅行になるようにしっかりと準備をして写真撮影を楽しんでください!

関連記事リンク(外部サイト)

プロ写真家も欲しい「Nikon D5」が高スペックすぎる!
旅行が10倍素敵になる!おすすめのカメラアプリ8選
写真好きな旅人必見!カメラと旅行券が当たるフォトコンテストを見逃すな!
instagramで注目の的に♡旅の写真をおしゃれに見せる7つのテクニック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。