ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“真空”の力を使って3Dモデルを成形する「FormBox」は、掃除機につないで使う!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

すっかり身近になった3Dプリント。今回紹介する「FormBox」も“立体物を出力する”という意味では同じだが、普通の3Dプリンターとはちょっと違う。

・“真空成形”で“型”を成形する

樹脂フィラメントを溶かしてレイヤーごとに出力して成形する方式が一般的だが、「FormBox」では“真空”の力を使って“型”を成形し、“型抜き”することで立体物をつくるというものだ。

“真空成形”は、工場などで用いられてきた伝統的な技術。その技術を活用し、デスクトップサイズにしたものがこの「FormBox」。

・使うのは電気掃除機

では、どうやって一般家庭で真空状態にするのかって?それは、各家庭に1台はあるであろう電気掃除機を用いるのである。

出力したい形のモデルとなる“3Dテンプレート”は、玩具でもこねた粘土でもいいし、好きな形にカットしたジャガイモやバナナなんかでもよい。アイデア次第で使い方は無限に広がる。

使用手順はこうだ。まず、“型”の材料となるプラスチックシートを本体にセット。次に、出力したい形のモデルとなる“3Dテンプレート”を用意し、プリンターのベッドに配置する。ヒーターのスイッチをオンにし、プラスチックシートを熱する。

熱されたプラスチックシートを、3Dテンプレートにかぶせ、掃除機のスイッチをオンにし、3D成形をおこなえば“型”は出来上がり。

・“型”にコンクリートやチョコレートを流し込めば…

出来上がった“型”には、樹脂、氷、石鹸、コンクリート、しっくい、シリコン、ゼリー、チョコレートなど、いろいろな素材を流し込むことで、幅広い立体物をつくれる。小さな植物の鉢をつくったり、メッセージボードのようなチョコレートをつくったり。家族や友人向けのプレゼントにしても楽しいし、スモールビジネスとして販売したりもできるだろう。

・Kickstarterで大人気

何ともユニークで楽しそうなこのツールは、現在Kickstarterで6月4日まで出資を受付中で、目標金額5万ドル(約534万円)のところ、すでに26万ドル(約2822万円)近い資金を集める人気ぶりだ。

FormBox

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP