ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「母の日」が過ぎても、改めて感謝したい9つのコト

DATE:
  • ガジェット通信を≫


先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?

ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのいくつかを「LittleThings」からご紹介。子どもの頃を思い出しつつPhil Mutz氏が書いた記事を読めば、その偉大さが改めて身にしみます。

01.
「自分の時間」を諦めてくれた

子どもは、さっきまで泣き叫んでいたかと思えば、次の瞬間にはニコニコ笑ってギャーギャー言っていたりするもの。喜怒哀楽のどれであれ、基本的には賑やかにしていますよね。

そんな子どもを相手にする母親は、自分の時間を諦め、私たちに「愛」を教えてくれたのです。

02.
まず第一に考えるのは、
「あなた」のこと

日常生活において、母親は常に子どもを最優先に考えてくれます。友人がいないわけでも、仕事がないわけでもありません。しかし、どんなことよりも「子どもの世話」が大切だと考えているのです。

03.
ごはんを作り続けてくれた

母親は、「お腹いっぱい」が幸せであることをよく理解しています。自分が空腹だったとしても、最後の「ひと口」は絶対に子どもに譲ってあげるのです。

04.
「睡眠不足」だって
受け入れてくれた

たとえ真夜中であっても、子どもが眠るまでずっとあやしてくれます。休む時間などどこにもありません。それは、子どもが安全に、安心して過ごす必要があることを知っているから。

05.
いつも、ベッドで
一緒に寝てくれた

子どもはお母さんの近くで寝たいと思うもの。それがもっとも落ち着く時間だから。自分の時間がなくなったとしても、常に横で安心させてくれます。

06.
具合が悪い時でも
無理してくれた

たとえ調子がよくない時でも、「母親の仕事」に休みはありません。熱や喉の痛みと戦いながらも、私たちのそばにいてくれました。

07.
たくさんの笑顔を
もたらしてくれた

母親は、子どもが笑っているのを見るのが大好き。クリスマスツリーの下にサンタさんからのおもちゃがあること、誕生日ケーキを用意してくれることなど、子どもを喜ばせようといつも努力してくれているのです。

08.
どんな時でも
一緒に過ごしてくれた

自分が好きでない番組だったとしても、子どもが何回も見ているアニメだったとしても、常に一緒にその番組を見てくれます。最も大切なのは、一緒に時間を過ごすことだと知っているから。母親と共有した時間は、何ものにも代えられない、かけがえのないものなのです。

09.
ありのままのあなたを
愛してくれた

子どもはいつもエネルギッシュ。母親は一日中、そのペースに合わさなければならなかったはずです。体力がなくなったとしても、決して楽しみや創造性を奪おうとはしません。子どもの興味を育み、それをさらに探求するよう励ましてくれました。

Licensed material used with permission by LittleThings

関連記事リンク(外部サイト)

子供ができて初めて気づく。お母さんが絶対口にしない「10の愛情」
母親があなたの最初の友達であり、最高の友達である10の理由
「母親」が優れたリーダーになれる理由5つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP