ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上司からの友達申請 Facebookなら「制限リスト」追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 気のおけない友人と楽しんで使ってきたSNSで上司が友達申請してきた。まったく抵抗なく承認できる人は少ないのではないか。20~25歳、社会人歴1~5年目までの人たちに上司とSNSでつながることについて聞いたところ、「かなり抵抗ある」「やや抵抗ある」人が64%にのぼった(BIGLOBE調べ)。彼ら、彼女たちは上司からの「友達申請」にどのように対処しているのか。

●Facebookでは「制限リスト」
 実名登録のためアカウントを発見されやすいFacebookでは、あまり親しくない人から友達申請を受けることが少なくない。できれば繋がらずにおきたいが、上司からの申請をあからさまに拒否するとリアルの人間関係に影響が出る不安がある。どう対処しているのか。

「上司の申請はうけますが、すぐに『制限リスト』に入れます。友だちとのプライベートにコメント入れられたくないというのもありますが、単純に見張られているみたいで気持ち悪いんです。でも、友達申請を断ったら角が立つでしょう。だから、黙って制限リスト入りです」(20代会社員女性)

 Facebookの友達にはグループ分けする機能がある。自分の友達リストをみると、写真の隣に「友達」ボタンがあり、そこをクリックするとグループ分けのメニューがあらわれる。「他のリストを追加」を選択すると「制限」グループが選べるようになる。できれば投稿を読まれたくない相手を、その「制限」に追加する。

 制限リストに追加したら、今度は設定を変更する。まず「プライバシー設定とツール」から、自分の投稿範囲を「友達」に、さらに「タイムラインとタグ付け」でタグ付けの確認を「オン」にして投稿や共有を「友達」に限定する。

 裏側でここまで準備しておけば、友達申請を断ることなく、相手に自分のタイムラインを探られずにFacebookの利用が続けられる。

●Twitterの別アカウント作成
 学生時代の同級生とサークルのような感覚でTwitterを楽しんでいたところ、あまり趣味が合わない同僚から突然、フォローされた。うっかり愚痴も言えない窮屈さにフラストレーションがたまる。どうすれば、以前のようにTwitterを楽しめるのか。

「誰にも教えていないメールアドレスをつくって、そのアドレスでTwitterアカウントを新しく作りました。友人にはあらかじめDMを送って、新しいアカウントをフォローしてくれるようにお願いしてあったので、今度はそちらで楽しんでいます。これまでのアカウントでも無難なランチ写真のツイートなどして、怪しまれない工夫は忘れていません」(30代・団体職員女性)

●LINEの交換は諦めて受け入れる
 できれば上司とSNSで繋がりたくないと思っていても、現実には難しいもの。「職場で知り合った人と最初に交換するSNSのアカウント」を全国の20~40代男女にきいたところ、20代で74.2%、30代は74.4%、40代だと66.4%もの人が「LINE」とこたえた(株式会社ウェブクルー調べ)。

「スマホを持っていて『LINE使っていません』と言い切るのは勇気がいります。必要なことがあるからと言われて上司とID交換しましたが、本当に非常時の連絡くらいしか連絡がなくてホッとしています。友達は職場で強制的にLINEグループに入れられて、上司がやたら自撮り投稿してくるから鬱陶しいって言っていました。そういう上司じゃなくてよかった」(20代・ショップ店員)

 前出のBIGLOBEの調査によれば、SNSで上司と繋がったことによって、利用方法が変化したと思う人が半数を超え、利用を控える傾向が上位となっている。「仕事以外のプライベートな一面も見れて話題が増えたか」には男性は「とてもそう思う」「ややそう思う」が56%となったが、女性は「あまりそう思わない」「全くそう思わない」が63%とネガティブだ。

 この春、新しく部下となった女性とSNSで友達になったとしても、こっそりタイムラインから除かれているかもしれない。

【関連記事】
NEWSポストセブンがLINEアカウント開設 おすすめ記事を通知
「LINE」有名人アカウント登録すれば撮影秘話など見ることも
FXトレードに役立つツイッターアカウント一覧

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP