体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

何もする気がおきない・・・そんなときに実践したい11のこと

何もする気がおきない・・・そんなときに実践したい11のこと
dont-feel16512-1

なんだか何もする気がおきない日…それは、ブルーノ・マーズが歌っているほど、楽しいものではありません。

Elite Daily」で、ライターのAnna Mentaさんが紹介するのは、やる気が出ない時に行うべき11のこと。時々、テレビやFacebookを見ることさえ億劫なときがありませんか?彼女が長年の経験でわかってきたという「憂鬱な気分への対処法」を見ていきましょう。

01.
シャワーを浴びる

shutterstock_131919584 copy

温かいシャワーを浴びることは、気分をスッキリさせる効果があります。もしあなたが習慣的にシャワーを浴びているのなら続けてください。

たとえ、ほとんど家の中で過ごす休日でも、必ずシャワーは浴びましょう。そうして外へ出ると、清々しく感じられるはずです。

体を清潔に保つことは、とても気分がリフレッシュします。

02.
水を飲む

私は、水を飲むことが一番簡単にでき、かつ効果的だと考えています。水はあなたにエネルギーを与え、肌をきれいにし、ダイエット効果も期待できます。

落ち込んでいたしても、重要なのは定期的に水を口にすること。

2つのボトルを用意しておくことがおすすめです。1つはベッド脇に、もうひとつは仕事や学校に持っていきましょう。

03.
挨拶をしてみる

Cropped shot of a male and female student on campus

人々に挨拶するためには、社会と関わり合うためのエネルギーが必要です。心の準備ができたら、同僚や近所の人などに挨拶をし、できるだけ彼らに近況を尋ねてみましょう。

不自然な笑顔を作って視線をそらすことは簡単で、正直なところ私もほとんどはそうしてしまいます。ですが、時間をかけて相手の近況を聞くと、そのあとの気分が良くなるものです。もしかしたら素敵な出会いになるかもしれません。

04.
エクササイズする

運動が好きな友人から、「体を動かすことがどれほど気持ちいいか」という話を一度は聞いたことあるかもしれません。残念ながら、彼らの言っていることは本当です。ジムへ行ったりランニングをしてみましょう。

個人的に、私は自分の体と運動能力に自信がありません。落ち込んでいる時ならなおさら、ジムで人目にさらされるなんてもってのほかです。

同じ意見だという人は、自宅でもいいので簡単なストレッチや腹筋などを始めてみてください。

05.
ベッドをきれいにする

ed69856141d081c0543729dda4c43ff14f6b02c0

毎日ベッドを使えば汚くなることは当たり前にも関わらず、私はベッドを整えることが嫌いで、平日に行うことはほとんどありません。でも、ベッドがきれいに整えられていると安心感を得る自分がいることに気がつき、驚きました。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。