体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶賛】タイフェスティバルで絶対に食べるべきグルメランキングトップ3

thai2

2016年5月14~15日の期間に開催されている、第17回タイフェスティバル。会場は自然が広がる代々木公園ということもあり、癒やしとグルメを求めて家族連れやカップルが多く訪れていた。タイフェスティバルは毎年好評のイベントで、タイ国際航空が協賛していることから、タイ旅行の情報を得ようと訪れる客も多くいる。

・本当に美味しいと感じた料理
そんなタイフェスティバルには数多くのタイフードレストランが露店を出しており、日本にいながら本格的なタイフードを堪能できる。今回は「第17回タイフェスティバルで絶対に食べるべきグルメランキングトップ3」を発表したいと思う。タイマニアが実際に食べ、本当に美味しいと感じた料理のみを選出した。

thai12 thai11

・タイフェスティバルで絶対に食べるべきグルメランキングトップ3
1位 煮込み豚足ライス / ピラブカウ(600円)
とことん煮込んでトロトロになった豚足を独自のスパイスと調味料で味付け。それをライスに大量に盛り付け、さらにダメ押しで煮込み汁をぶっかける。旨味が凝縮された汁がライスに浸透。

さらにコッテリかつ濃厚な豚足が強いコクを生み、「繊細」と「豪快」が共存するという意外性のあるグルメに仕上がっている。600円という価格でありながら、豚足とライスの量が多いのも嬉しい。美味しいからいくらでも食べれてしまう魅力がそこにある。

thai3 thai20 thai1 thai18

2位 ガパオと春雨サラダ / TINUN(500円)
タイフードとしては一般的なガパオと春雨サラダ(ヤムウンセン)だが、「まさにタイ定番の味」を万人受けする味付けに仕上げたのがこれ。しかも春雨サラダを食べてからガパオを食べると、「なぜかガパオの旨味が増す」というグルメマジックも体験できる。

さらに半熟の目玉焼きをたっぷりとガパオと混ぜて食べれば幸せな気分に。満足度とコスパが素晴らしい料理である。

thai10
1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。