ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全米を旅する「モバイル試着室」でぴったりのブラを選ぼう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。

オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Truck」は、全米をこの試着室を備えたトラックで周り、自社のものとその他40ブランドの下着を、思う存分試してもらうというもの。

中もスタイリッシュ!

WWD」によれば、トラックの大きさは幅7.3メートル奥行き2.4メートルで、マイクロバスとほぼ同じ大きさ。そこに試着室が4部屋。着替える時は外から見えないように目隠しができるようです。

5分間のオンラインアンケートに答え、自分にフィットするタイプがわかったら、同ブランドをはじめ全40種の下着ブランドからブラをチョイス。30分間の無料フィッティングが行えると「Refinery29」は紹介しています。

常駐している「フィッティングセラピスト」からサイズのアドバイスを受けることもでき、もちろんその場で購入可能。後日、自宅へ送ってくれる仕組みだそう。

データに基づき6,000種から
自分に最適なブラを提案

もともとオンラインのみで展開していたこのブランド。「Mashable」によると、メジャーを使わず、質問に答えていくだけでその人に合ったブラを提案するシステムは、独自のアルゴリズムに基いているのだそう。

試着制度もユニークで、保証金45ドル(約4,800円)を払うと、気に入った3つのブラのほかに、試着用の2つを送ってくれ、万が一気に入らなければアンケートに記入、返品するというもの。この調査によって得られたデータから、お客は、のべ6,000種の体型バリエーションを特定でき、よりフィットしたブラジャーを見つけられるというのです。

そうそう、初の「店舗」がモバイルというのも面白いですよね。

約1年間の運用を予定しているこのトラック、どの街へ行くかは随時サイトにアップされるのでそこから予約をする仕組み。斬新なスタイルの「移動販売」で全米メディアから取り上げられているこの試着室。新たなショッピングのモデルケースとなるかもしれませんね。

Reference:WWD,Refinery29,Mashable
Licensed material used with permission by Bruce Damonte Photography

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP