ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

と話題になっているのは、群馬県利根郡みなかみ町にある、猿ケ京小学校をリニューアルした宿泊施設です。2008年に惜しまれつつ廃校となりましたが、2012年に新しく生まれ変わりました。さっそく写真で設備の様子を見てみましょう。

学校に泊まろう!

「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

エントランスはもちろん下駄箱。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

校舎は1991年に建てられた木造建築。夏も自然の涼しさを保てるそう。教室や廊下は、清潔感に溢れています。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

黒板を使ってマジメに授業をしても◎。ラクガキしたくなります。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

先生役を決めて遊んでも楽しそう。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

授業やテストの記憶が蘇ってきます。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

多目的ホールには、卓球台など。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

ボルダリングができるウォールもあります。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

ひろーい校庭を自由に使えるなんて、絶対気持ちいい!
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

プールにも入れます。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

視聴覚室で映画を観たり、
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

音楽室のステージで発表会をするのもいいですね。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

家庭科室に集まってみんなで調理すれば、思いがけないような想い出話も飛び出してくるかも。公式ホームページによると、100人分まで食事を用意できるそうです。ちなみに、3食給食付きプランもあるので安心♪
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

給食気分で食事しても良し。パーティーライクな飾り付けからは、クラスの催しもののような懐かしさと同時に、大人のわがままを満喫している贅沢さも感じられます。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

流しそーめんだってアリ。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

夜はキャンドルナイトしたり、
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

キャンプファイヤーも!花火が自由にできるんです。※ただし、音がなるものは21時まで。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

寝具もズラリ。

気になるのはお風呂ですが、校内にあるシャワールームのほか、徒歩10分圏内にある日帰り温泉が使えるので、心配無用。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

見取り図を見ると、あらためて小学校のつくりがそのまま活かされていることがわかります。理科室と図工室がベッドルーム。
「泊まれる学校 さる小」で合宿したいっス!

さらに、結婚式会場として使ってもOK!と自由度が高いのが何と言っても魅力的なところです。この広さと設備の充実度もあって、イベントごとに幅広く対応しており、音響セットの貸出など設備も十分。実際、これまでに音楽イベントや合宿、研修、文化祭、運動会などの会場として利用されたことがあります。こんな説明も。

校舎の中では、吹奏楽やピアノ、バンドの練習だって周りを気にせず行えます。
だって、騒がしくても注意する人なんていないのですから。

また、学校ならではの体験を味わってほしいとの思いがあり、宿泊プランのチェックインは10時から。チェックアウトの時間は最大16時まで延長できる仕組みに。一度は泊まってみたいですよね。6月〜7月にかけては、ホタルがキレイなのだそうですよ。冬は雪合戦もできるとか。

料金は、日帰り(9:00-17:00)の貸切プランが45,000円。宿泊については問い合わせが必要です。その噂は口コミやインターネットで広まり、すでに2017年3月まで予約が埋まっているとのこと。次回予約開始のタイミングが気になります!詳しくは公式ホームページFacebookページを確認してみて。

Licensed material used with permission by 一般社団法人 猿ヶ京小学校スポーツアカデミー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。