ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新しい音楽の持ち歩き方。「BASS EGG」は、あらゆるものをスピーカーに変える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Life Size SPEAKER」をコンセプトに開発されたBASS EGGを知っていますか?暮らしの中にある、あらゆるものをスピーカーに変えてしまう革新的な音楽デバイス。けれど、コアな音楽好きだけに向けて作られたものでもないみたい。

もっとその前段階で、「日常のあらゆるシーンに流れる音楽があるって、やっぱりイイよね」くらいの温度感。こう感じさせるPVが、またとっても素敵なんです。

だから、まずここではプロダクトの詳細よりも、動画の中に登場する“普段着のライフスタイル”に目を向けてみたいと思います。仕組みや技術はその後たっぷり。

「ちょっとイイじゃん」
音楽とともにある日常

BASS EGGが奏でるお気に入りの曲とともに始まる一日。

淹れたてのコーヒーの香りが鼻をくすぐる朝、どんなに忙しくてもこれだけは止められない仕事前のサーフィン、ママになったみんなが子連れで集まるお気に入りの公園、仕事で知り合った仲間たちとのBBQ…。どれもありそうな日常が動画の中にあふれています。

そこに音楽があるだけで毎日はもっと楽しくなる。これはみんな理解しているコト。だけど、オーディオをONにするはずのリモコンがついついテレビを点けていたり、ポータブルなんだけどスピーカーを持って出かける手間を考えているうちに、結局あきらめちゃったり。そんな日常に心当たりのある人に、きっとこの動画は届くはず。音楽とともに過ごす日常はやっぱりイイ!

Scene:01
Morning Coffee


今週のプレゼンを乗り越えたら、週末はしっかり休みをとって海へ行くつもり。目覚めのコーヒーと音楽で一日をはじめよう。

Scene:02
After Surf


天気は良くなかったけど、いい波に乗れた。仕事へ向かおう。大切なボードを洗いながら、ナイスグルーヴのジャズを聴こう。さあ、日常へ。

Scene:03
In The Car


クルマって、移動する特別な空間だと思う。車窓を過ぎていく景色、無意識に流れる音楽、交わす会話。ねえ、今日はどこいこっか。

Scene:04
Atelier


時間を忘れて制作に没頭できるアトリエ。ひたすらに自分と向き合い、作品と向き合う。筆を握り、音楽に触れて、また制作に戻るんだ。

Scene:05
In The Park


毎日いろいろあるけれど、子どもたちのキレイな眼差しがあるだけで、ぜんぶ大丈夫。お気に入りの公園で、流れる音楽を聴きながら。

Scene:06
Night BBQ


美味しいごはんに美味しいお酒。耳に心地よく流れる音楽で、みんなが優しくなる時間。大切な仲間と、ゆったりチルアウト。

あらゆるものが
スピーカーに変身する

BASS EGGは振動による表面共振を活かしたサウンドシステムです。厳密にいえばスピーカーではなく、振動をオブジェクトに伝えるためのデバイス。

従来のスピーカーは、空気で振動を起こして音を響かせるもの。ですが、このプロダクトは設置したオブジェクトに直接振動を送ることで、オブジェクト自体がスピーカーの役目をするという構造。簡単にいえば、これを置いた場所がスピーカーに早変わりしてくれる訳です。もちろんBluetooth対応。

例えばテーブルでもサーフボードでも、クーラーボックスだって、クルマのボンネットの上に置いたってOK。底部がまるでタコの吸盤のようにピタッとくっついて共振させていきます。ウッド、ガラス、ファブリック……設置場所を変えるだけで、同じ曲がまったく別の音質で楽しむことができる。これこそが、BASS EGG最大の魅力。また、接地面が大きくなればなるほど、表面共振も比例して大きくなり、音量がUPしていきます。

イン・アウト問わず自分が行くところ、どこへでも持って出かけたくなるのは、こんな楽しさがいっぱいだから。

価格はブラックとシルバーともに15,000円(税込)。こちらは上からかぶせる全8色展開のカラーカバー「EGG SHELL」1,800円(税込)。

何より直接、手に取って共振を体感してみて。壁や床に置いて音の違いを感じてみませんか?原宿のアンテナショップ「BASS EGG TOKYO」ならもちろん、各地でイベント体験が実施されることも。詳しくは公式サイトからどうぞ。

Licensed material used with permission by メディアブリッジ株式会社

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP