ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1950年代のバイクパーツを使った「電動自転車」はいかが?(イタリア)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバイクパーツ(主に燃料タンク)を使ってレトロなデザインに仕上げてしまったのが、Agnelli MILANO BICIというイタリアメーカーです。

レトロなタンクに
バッテリーを収納

バッテリーはフレームを合わせたレトロなタンクの中に収納することで、うまくデザインに溶け込んでいます。手がけているのは、アンティーク家具のリペア職人だったというルカ・アニエリさん。

「伝統的なものを好むライダー」にはグッとくる、洗練されたフォルムが印象的ですね。各部のアクセサリーは、選んでモディファイすることもできるとか。


丸いフォルムのポップなものから、古いレーシングバイクのようなシャープなものまで。カラーリングにもかなりのこだわりを持っているそう。

見た目はヴィンテージでも、じつはヘッドライトにはLEDを採用、バッテリーもパナソニック製の36V10Ahで、さらにリアにはディスクブレーキを採用するなど、走行性能はしっかり今どきの電動自転車。

これらはミラノデザインウィーク2016で展示されたばかりで、価格や各モデルの詳細はホームページからの問い合わせが必要な模様。気になる人はチェックしてみては?

Licensed material used with permission by Agnelli Milano Bici

関連記事リンク(外部サイト)

オーガニックの「埋葬カプセル」は、最愛の人を「樹木」に変える・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。