ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「天然成分100%の化粧品」の真実!天然であることが、本当にあなたのお肌に大切なこと?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは。エイジングケア化粧品技術者の大川明伸です。化粧品を選ぶ際に、配合成分が天然か合成かを気にしている方は多いと思います。しかし、それは本当にあなたのお肌に大切なことなのでしょうか?

天然成分と化学物質

化粧品の配合成分の例のひとつに「スクラレン」という成分があります。この成分は、深海ザメの肝油の主成分です。それって、「スクワラン」の間違いじゃないの?そう思われるかもしれませんね。

確かに、化粧品に配合されると容器やパッケージの全成分表示に「スクワラン」と表示されています。スクワレンは、非常に不安定ですぐに酸化してしまう成分です。そのままでは、化粧品として製品にならないことから、水素添加という処理をし、安定化させた成分がスクワランということです。


これって、100%天然成分でしょうか?それとも、科学技術が加えられているから化学物質でしょうか?現在は、天然の原材料、自然派化粧品には明確な分類や定義が存在しません。各化粧品メーカーの「いったもの勝ち」とも言えます。

天然成分100%の化粧品は不可能!

「もともとの素材が天然だから、天然成分」「化学処理をしているから化学物質」どちらともいえますよね。ただ、私がお伝えできることは、化粧品は紛れもなく科学だということ。

厳密に化学処理を一切していない天然成分100%の化粧品をつくることは、現在の技術では不可能なこと。また、そのような化粧品ができたとしても、あなたの肌に安全かどうかはまったく別問題なのです。

化粧品選びのポイントは「天然か、合成か」ではありません

私が研究開発している化粧品の、ほぼすべての天然成分は化学処理をしています。なぜなら、不安定な成分は危険を意味することがあるからです。本来、配合成分が天然か合成かということは、化粧品選びの重要なポイントではないということ。

女性にとって基礎化粧品は嗜好品ではなく、必需品です。あなたが、自信と勇気を持ち、あなたにとって幸せな人生を送っていただくための重要なアイテム。


その基礎化粧品は、あなたの肌の悩みを解消してくれる化粧品なのか。その基礎化粧品は、あなたの思い描かれる肌に導いてくれる化粧品なのか。肌トラブルがなく、安心して使用できる化粧品なのか。

イメージや謳い文句に惑わされることなく、肌に触れながら肌と相談し、あなたの肌が今本当に必要としている化粧品を。

最低でもお試しになった化粧品1個を使いきることで、実感した効果を基準にお選びいただければと思います。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

3分バレリーナマッサージ♡ 毒出し!全身の排泄を高める「足底~指マッサージ」
ひざ上にのった“太ももプニ肉”を撃退! 椅子でできる簡単自重トレーニング
「脂性肌=ニキビ」は勘違い?乾燥肌でもニキビができる理由を解明して、正しいスキンケアを!
料理や飲み物にプラスすれば若返る!?アンチエイジング効果抜群のスパイス3選
むくみに効くお茶の種類は?飲むだけで簡単にむくみ&便秘解消!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP