体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トヨタグループが自動車向け音楽ストリーミングサービス「ミュージックシェフ」を10月19日に開始、同時にAndroid 3.2搭載7インチタブレット「レリビィ」を発売

トヨタグループの豊田通商と豊通エレクトロニクス、音楽著作権管理事業を行うイーライセンスは10月11日、3社共同出資で設立された新会社「株式会社ETスクウェア」が、自動車向けの音楽ストリーミングサービス「music-Chef (ミュージックシェフ)」を10月19日より開始すると発表しました。このストリーミングサービスに対応したHoenycombタブレット「レリビィ」が、サービス開始に合わせて発売されます。価格はオープン。music-Chefを利用できるのは、専用タブレット「レリビィ」とスマートフォン(Androidは少なくともサポートされているはず)。料金は1泊2日で350円、7泊8日600円、30泊31日1,000円(スマートフォンのみ提供)、1ヶ月定額(継続使用)1,000円(レリビィのみ提供)が設定されています。music-Chef開始時点では、ユニバーサルやエイベックスなど18のレーベルが参加し、約50万曲の楽曲をストリーミングできるそうです。特徴はドライブ時の季節や場所、走行状況などの情報から、ユーザーにぴったりの楽曲をレコメンドしてくれる機能。「シェフ」と呼ばれるナビゲーター(VERBAL、MINMI、小林克也、はるな愛、デーブ・スペクター、道端アンジェリカなど)が現在位置や走行状況などを考慮し、楽曲をレコメンドしてくれるそうです。music-Chef開始時に発売される専用端末「レリビィ」は、7インチタッチスクリーン、NVIDIA Tegra 2、1GBのRAMなどを搭載するコンパクトサイズのタブレット。OSはAndroid 3.2を搭載。スペックは以下のとおりで大手端末メーカーの7インチタブレットと大差ないものとなっています。普通のAndroidタブレットなのでアプリのインストールなども可能、レリビィには専用の車載クレードルが提供されます。ナビアプリを使えばPNDとして利用できますね。3G通信モジュールは搭載されていないので、データ通信を行うにはモバイルルータやテザリング端末が必要になります。、 OS:Android 3.2(Honeycomb) サイズ:195mm×112mm×11.92mm、380g ディスプレイ:7インチWSVGA(1,024×600ピクセル)、静電容量式、マルチタッチ対応、ゴリラガラス使用 SoC:NVIDIA Tegra 2(デュアルコア) メモリ:1GB RAM、8GB ROM、microSD/microSDHCスロット搭載 カメラ:背面に500万画素CMOS(LEDフラッシュ付)、前面に200万画素CMOS バッテリー:リチウムイオン3,200mAh 外部IF:microUSB、microHDMI、3.5mmオーディオジャック センサー:加速度、ライト、近接、コンパス、GPS 通信機能:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRSource : 豊田通商


(juggly.cn)記事関連リンク
イーモバイルのFacebookページがオープン
米Verizon、HTCのHDディスプレイ搭載”Vigor”を「Rezound」として発売
米Verizon、LTE対応の「Samsung Galaxy Nexus」を発売へ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。