ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

欲するまま摂るのは危険! 「疲れた時に甘いもの」は脳の錯覚だった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「疲れたら甘いものを摂る」常識のようにいわれているこの言葉、実は逆効果だってご存知ですか? 気になる疲労と甘いものの関係を調べてみました。

疲れたら甘いものが欲しくなる理由

仕事や勉強で疲れたとき、一息つきたいとき、ちょっと甘いものが欲しくなることがありますよね。これはなぜでしょう? 体や脳を使うと、エネルギーとなる血液中のブドウ糖が消費されます。糖は直接エネルギーとなる栄養素なので、低血糖を補おうとして脳が「甘いもの」でエネルギーを補給しようとしているのです。糖分を摂れば瞬時にエネルギーはチャージされるので、良いことのような気がしますが……。どうして逆効果になってしまうのでしょうか。

糖分による疲労回復は一時的なもの!

確かに糖分は吸収が早く、瞬時にエネルギーに変換されるため、一時的な疲労回復には良いものです。しかし糖分には依存性があり、糖分補給で安定し気持ちよくなった脳は「もっと糖分を! 」とさらに甘いものを欲する危険があるのです。お腹が空いた低血糖時に砂糖などの甘いもので糖分を摂ると、血糖値が急上昇します。すると上がりすぎた血糖値を下げようと、血液中の糖の抑制をするホルモンのインスリンが大量に分泌されます。今度は血糖値が一気に下がってしまい、食べる前より低血糖状態に。また脳は甘いものを欲しがる……という悪循環になってしまうのです。その結果、糖尿病などの生活習慣病や肥満の危険性があるというわけ。

甘いものが欲しいならこう食べよう!

チョコレートなどの甘いものにはリラックス効果もあるのですが、欲するままに食べてしまうと糖分の摂りすぎになり、逆に疲れやすくなってしまいます。どうしても欲しい時には、栄養価が高く糖の吸収が穏やかな果物やドライフルーツ、ナッツ類などを食べましょう。本当に疲労回復に効くのはクエン酸などの酸っぱいもの、タンパク質、ビタミンB群です。空き腹にチョコは厳禁と覚えておくと良いですね。

疲れた時の甘いものが逆効果とは驚きですね。しかし甘いものを欲するということはそれだけ脳や体が疲れているんだと認識して、休憩したり栄養のある食事を摂って、頑張っている体を労ってあげましょう。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP