ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デトックスに興味のある人は「春野菜」に注目してみて!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポートする働きがあるとも。

そんな春野菜もただ食べるのではなく、相性のいい肝臓の機能を高める食材を組み合わせることが大事。より一層デトックス効果UPが期待できますよ。

春野菜の苦味こそが
効果のキモ!

春野菜は、苦味や香りが強いものが多いですよね。苦味成分のもとは、「植物性アルカロイド」という成分で、デトックス効果や抗酸化作用が期待できます。冬の厳しい寒さの中で害虫から身を守るための成分や成長のために必要な栄養素を溜め込むため、このような効果を持つと言われているんです。

効果的な組み合わせ3選

デトックス効果が期待できる春野菜3つと、その効果を高める組み合わせをご紹介しましょう。

01.
ビタミンC&たんぱく質
「菜の花」×豆腐

豆腐に含まれる良質なたんぱく質は、肝臓の機能を高める働きがあると言われています。そして、菜の花に豊富に含まれるビタミンCと合わさることでより一層のデトックス効果が期待できますよ。

おすすめの料理:炒り豆腐、スープ、白和え

02.
ビタミンU&タウリン
「春キャベツ」×いか

いかに含まれるタウリンは、肝臓の機能を高めるのに役立ちます。春キャベツに含まれるビタミンUと合わせるのがオススメですね。

おすすめの料理:炒め物、煮物、パスタ

03.
食物繊維&ターメリック
「たけのこ」×カレー粉

カレー粉に含まれるターメリックは解毒作用があり、肝臓の機能を高める働きがあると言われています。たけのこに含まれる食物繊維と合わせてみては?

おすすめの料理:カレー、チャーハン、和え物

体に老廃物が溜まると、せっかく栄養素をとっても吸収できずに無駄にしてしまうことも。春野菜を楽しみながら、体の中をすっきりクリアにして、栄養素をしっかり吸収できる健康な体を作りましょう!

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した制作会社です。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

Q.試してみたいのは?
・手軽に「菜の花」×豆腐・さっぱり「春キャベツ」×いか・意外性のある「たけのこ」×カレー粉

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP