ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

満腹ホルモン“レプチン”を味方につけて簡単ダイエット!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ホルモンの乱れがダイエットの失敗につながるかもしれないって知っていますか? ダイエットに関係のあるホルモンは“レプチン”。レプチンは人の脳に満腹感を感じさせるホルモンです。レプチンを味方につければ、無理をせずダイエットに成功しちゃうかもしれませんよ。

“レプチン”が分泌されるしくみは?

脳の視床下部には満腹中枢と呼ばれる部位があります。私たちが食事をすると満腹感を感じますが、これはレプチンというホルモンがしっかり働いているため。レプチンが視床下部に作用して、満腹サインを出してくれるおかげで、私たちは食べるのをやめることができるのです。レプチンにはこの他にも、交感神経に働きかけてエネルギーの消費を促進したり、脂肪の蓄積を抑制する働きがあります。つまり、レプチンには食欲を抑制する働きがあるため、レプチンがきちんと分泌されれば、食事の量を増やさずしっかりダイエットができるということなのです。

早食いには要注意! レプチンの分泌は食事開始から20分後

食事を開始するとレプチンの分泌が始まりますが、気を付けなくてはならないのは、レプチンが分泌されるのは食事を開始してから20分後だということ。食べた脂肪が脂肪細胞に吸収されるのを感じることでレプチンが分泌される仕組みになっているのです。早食いで食べてしまうと、レプチンが分泌されて満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまいます。レプチンを意識したダイエットでは、ゆっくりと良く噛んで食べることが重要です。さらに過食をすると、脂肪が多い状態に体が慣れてしまうため、レプチンがうまく分泌されなくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

しっかり睡眠を取れば“レプチン”の分泌が正常に!

レプチンがきちんと分泌されるためには、しっかりと睡眠を取ることが重要です。睡眠不足の時に、食欲に歯止めが効かず、つい食べ過ぎて失敗した経験はありませんか? 睡眠が不足するとレプチンの分泌量が減少し、食欲を刺激するホルモンのグレリンが増加することが分かっています。睡眠不足の時に、食べたいものを我慢するのは、体にとってはとてもツラい状態なのです。また、レプチンの分泌を正常化するのに必要な栄養素はタンパク質であることも分かっています。ダイエットのためにパンとコーヒーだけの食事にするのは逆効果。肉や魚、卵などのタンパク質もきちんと食べましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP