ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

梅雨にぴったり♪紫陽花と金魚のモチーフネイル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

雨にぴったりの「紫陽花」のネイル

長雨の季節だからこそ、涼やかな「水」のイメージを上手に使ったネイルがおすすめです。
この時期の花といえば「紫陽花」が思い浮かびます。華やかではありませんが、梅雨時には雨を脇役に、街や公園、庭など至るところで目を楽しませてくれますよね。日本の気候にぴったりのこの花はきっと、古来から日本人に愛されてきたのでしょう。
紫陽花のデザインは難しく思われがちですが、4枚花を重ねることで作ることができるんですよ(実際には花びらではなくてガクだそうですけれど)。紫陽花の色は青、紫、白やピンクなどさまざまですが、今回Re-cueの新作として作ったのは、花びら全体を白く、中心を紫やピンクで噴いた小さな4枚花。これを何枚か重ねれば、簡単に紫陽花ができちゃいます。

 

「水の器」という意味の学名をもつ紫陽花。水のイメージによく合うのも納得ですよね。
ピンクや黒など、何色がベースでも映えますが、瑞々しいイメージに仕上げるには、ブルーや紫、クリアにラメなどがおすすめです。

 

涼しげな“水”を表現するやり方

もうひとつ、水を表現するのにぴったりのベースを作る方法をご紹介しますね。まずブルーや白、紫などのジェルをエタノールと混ぜてしゃばしゃば状態にします。それを塗布すると、ランダムに揮発部分がクリアに残るので、涼しげな和紙のようなベースができるんです。クリアに残った部分に色を乗せてもよいですね。
簡単なのに印象的に仕上がりますから、ぜひやってみて下さいね。

 

「金魚」ネイルは、大人っぽくも可愛くも描ける♪

このような「水」を連想させるようなベースを生かすモチーフとして、「金魚」もおすすめです。涼しげな寒色に金魚の赤色が入ることで、ぱっとぬくもりのある焦点を作ることができるんです。
金魚はほっそり描けば大人っぽく、ぷっくり描けばかわいらしく、フォルムやアレンジ次第で、可愛くも大人っぽくも、シンプルにも華やかにもできる自在な図柄なんですよ。
エアブラシで丁寧に描けば、シフォンのドレスのようなヒレの透け感が、何とも言えず涼しげでかわいい、大人のネイルに仕上がりますし、赤、オレンジ、マゼンタなどをブレンドして、オレンジっぽいものと、赤っぽいものなど描き分けると動きのあるアレンジになります。
影を描き入れれば、より立体感が出て、埋め込んだクリアジェルがまるで水のような効果が出ます。

 

レジンで金魚のモチーフを閉じ込められたパーツを作れば、とてもかわいい金魚鉢のようなアクアリウムネイルに。
新作のために描いた色々な表情の金魚たちで、アレンジを楽しんで頂けたら嬉しいです。
水との相性がよいモチーフ「金魚」と「紫陽花」。どちらもかわいくて使い勝手もよいので、浴衣ネイルとしてはもちろん、1、2本アクセントに使ったりして、雨の季節を楽しんでくださいね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP