ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伊藤若冲が死を見据えて取り組んだ『動植綵絵』の超絶技巧

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ナマの日本美術を観に行こう」と始まった大人の修学旅行シリーズ。今回は、江戸時代中期の天才絵師・伊藤若冲の超絶技巧に迫る。花鳥図の最高傑作『動植綵絵』を中心に、ユーモラスな蛙や今にも動き出しそうな襖絵などを紹介。日本美術応援団長・山下裕二氏(明治学院大学教授。美術史家)を引率に、日本画家の松井冬子氏が、日本美術のスター絵師の世界に迫った。

山下:江戸時代、円山応挙や与謝蕪村、曾我蕭白と並び、京都画壇のトップに立っていた伊藤若冲ですが、明治以降、長らくその存在が人々の記憶から忘れ去られていました。再評価のきっかけになったのは、2000年に京都国立博物館で開かれた『没後二〇〇年 若冲』展です。その後、2007年に相国寺承天閣美術館で開催された展覧会で若冲の代表作『動植綵絵』全30幅が久しぶりに一堂に展示されました。

松井:その展覧会には私も足を運び、極彩色の超細密な作品に圧倒されました。今回(*注)の京都・相国寺所蔵『釈迦三尊像』3幅との同時展示は9年ぶり、東京では史上初めて。そもそも『動植綵絵』は、『釈迦三尊像』の左右に15幅ずつ並べられていたんですね。

【*注:生誕300年記念「若冲展」。東京・上野の東京都美術館で5月24日まで開催】

山下:若冲は40歳で隠居して絵の道に専念します。生涯独身で子もありませんでしたが、自身の家族の永代供養を願って『動植綵絵』を描いた。完成まで10年の歳月を費やしますが、寿命50年といわれた当時、若冲は自らの死を見据えて取り組んだのです。

松井:私の若冲像は、画家というより、デザインに長けたグラフィックデザイナーというイメージです。『薔薇小禽図』がそのいい例ですが、バラの花を病的なまでに反復して描いたのはなぜですか?

山下:「反復」は若冲を語るうえで重要なキーワードで、彼が内に抱える心理的な圧迫感を感じますよね。『芦雁図』にも若冲の特殊な深層心理が表われていて、僕はこの作品が一番好きです。

松井:雁が真っ逆さまに墜落しているなんて現実にはありえません。“心の目”に映る超現実世界を描く若冲らしい作品ですね。

山下:若冲の画法の特徴は、絹地の裏側からも色を塗り重ねて表面の色彩を際立たせる「裏彩色」を多用するところです。修復してみると、我々が考える以上に全面に施されていることがわかりました。

松井:時には裏にだけ色を塗るなど、若冲は裏側の処理が卓越していますね。裏の彩色が表面の色と重なることで、鮮やかで複雑な発色を生み出しています。

山下:そう、だから極彩色の『動植綵絵』は絹でないとできなかった。松井さんは制作中の新宿瑠璃光院・白蓮華堂の襖絵を始め、早くから絹に描いていますね。

松井:西洋美術の影響で戦後は日本画も絹に描くのは時代遅れとされてきましたが、絹こそ日本画の本流。原点に戻りたいんです。

山下:若冲が『動植綵絵』などと並行して鹿苑寺の襖絵を描いていたのが、43歳の頃でした。

松井:私、今42歳です。襖絵で精一杯ですが、若冲に負けずに頑張ります(笑い)。

◆山下裕二(やました・ゆうじ):1958年生まれ。明治学院大学教授。美術史家。『日本美術全集』(全20巻・小学館刊)の監修を務める。日本美術応援団長。銀座・ヴァニラ画廊で開催中の『人造乙女美術館』の監修も務めた。

◆松井冬子(まつい・ふゆこ):1974年生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科・博士後期課程美術専攻日本画研究領域修了。 博士号取得。日本画家。新宿瑠璃光院・白蓮華堂の48面の襖絵を制作中。2017年1月に完成予定。

■撮影/太田真三 構成/渡部美也

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
「奇想の絵師」伊藤若冲の珠玉の作品群が東北3県で公開開始
猫のような可愛い虎の絵を観に芥川賞作家「大人の修学旅行」へ
日本の四季を描く美人画家 異常気象や開花時期も気にかける

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP