ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10分どん兵衛だけじゃない レンジdeどん兵衛や炊き込みも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「どん兵衛は5分より10分待った方がおいしい」と、マキタスポーツがラジオで発言すると、「本当にうますぎる」「これは新感覚!」と絶賛する人が続出。あまりの反響に、販売元の日清食品が、『日清食品は10分どん兵衛のことを知りませんでした』と、自社のHPでお詫び文を発表したほどの大騒動にまで発展した。

 女性セブンでも既成概念に捕われず、ネットで話題の“味ラクル”なカップ麺の食べ方を大研究。予想を上回る驚きのおいしさを5点満点の『★』で評価。料理研究家の野口英世さん(以下、野口)、記者(以下、記者)、カメラマン(以下、カメラマン)で採点した。

 まずは、話題のきっかけとなった『10分どん兵衛』。作り方は簡単。通常の待ち時間は5分のところを、湯を注いで10分待つだけ。
 
【評価】★★★★
野口:麺がスープを吸ってぷるぷるに膨らみ、つるんとしたのど越しに変化する。
記者:5分より麺がツヤツヤに。もっちり新食感! 味のピークは10分で、15分置くと麺は軟らかくなりすぎる。

 続いて、「コシが出て、まるで生麺?」と評判の『レンジ de どん兵衛』。作り方は、カップに湯を入れすぐ器に移し、ラップして500Wの電子レンジで約3分、付属の液体スープを加えればOK。

【評価】★★★★★
野口:生麺みたいな強いコシ。締まった麺に好みですだちを搾っても合う。
カメラマン:氷見うどんのような高級な味になった。

 最後は、『えび兵衛』。作り方は衝撃的。でき上がったどん兵衛を食べる直前に『かっぱえびせん』をひとつかみほど加えるのだ。

【評価】★★
記者:えびの風味がふわっと香る。えび天みたい。
野口:サクサクの食感のうちに食べた方が◎。

 さらに、もうひとアレンジとしては、「炊き込みご飯」もある。どん兵衛の麺と具材1個分をポリ袋に入れて麺棒で砕いてから炊飯器に入れ、米2合と混ぜる。付属の液体スープを加え、通常の水加減で炊く。

※評価は個人的な感想です。通常は、各メーカーが提案する食べ方を推奨しています。
※付属のスープは地域や種類によって粉末の場合もあります。

※女性セブン2016年5月26日号

【関連記事】
日清どん兵衛トリビア 東西日本のつゆの分け目は「関ヶ原」
ヤングなでしこ・仲田歩夢 色白ポニーテールでドリブル名手
ヒガシマル醤油「うどんスープ」CM曲は元たまの知久が歌唱

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP