ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

青葉市子・Kan Sano 寝起きでライブ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜11時30分からの番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー、スペシャルなスタジオライブでランチタイムを彩る「CAFE PARADISO」。5月13日のオンエアでは、シンガーソングライターの青葉市子さん、キーボーディスト、プロデューサーのKan Sanoさんが登場。スタジオで生ライブを披露しました。

青葉市子さんはシンガーソングライターとして2010年にデビューし、坂本龍一さん、小林武史さん、小山田圭吾さんから絶賛され共演も果たしています。そんな青葉さんとKanさんは以前、演劇で一緒に演奏し、そのあと一緒にライブをしたりしていたそうですが、今回2人で登場ということで新プロジェクトが立ち上がるのかと思いきや「試しに2人で一緒にやってみましょうか、っていう軽いノリなんですけど…(笑)」(Kanさん)とのこと。

「出会った時にお互いの音、感性に触れてみて『これは2人でやらなきゃな』という発見があったんですか?」と板井が聞くと「2人きりでやったことがなかったので、どんな感じになるのかなって」(Kanさん)、「いろんな組み合わせを試してみようと思って」(青葉さん)との答えが。実験的な要素が含まれているそうで、ユニット名も何も決まっていないそう。

「何も考えていないんですよね。今は『青葉市子・Kan Sano』ってそのままで。これからどうやっていこうかって、まだリハーサルもちゃんとしてなくて」(Kanさん)

実は今回、2人のライブはメディア初披露なのだとか! スタジオでは「Go Nowhere」「神様のメロディー」「鬼ヶ島」の3曲を披露していただきました。

ライブを聴いた板井は「この上なく滑らかで、浮遊しているような感覚もあって…物語、音楽を紡ぐというのがしっくりくる感じの印象を受けました」と感想を伝えると、青葉さんは「緊張した!」と一言。夜型の青葉さんはまだ寝ぼけていたそうで、歌ってやっと目が覚めたそうです(笑)。

Kanさんは音楽大学で、青葉さんは独学で音楽を学んだそうで、真逆のバックグラウンドを持ちながらも、もともとお互いにファンだったというお二人。これからの活動に注目です!

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/

真夏の祭典「J-WAVE LIVE SUMMER JAM」今年も開催!(2016年04月25日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/j-wave-live-summer-jam.html

奇妙礼太郎 ライブのこだわり「何も考えない」(2016年04月03日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1302.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP