体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベーカリー激戦区!鎌倉散歩の途中で訪れたい個性派パン屋さん4選

ベーカリー激戦区!鎌倉散歩の途中で訪れたい個性派パン屋さん4選 鎌倉 ベーカリー

都心から約1時間ほどで訪れることのできる古都・鎌倉。

趣ある街並みと、海辺の街ならではののんびりしたムードが魅力ですが

実は美味しいパン屋さんがたくさんあることでも知られているんです。

ひとことで「パン屋さん」といっても、

地元の人たちに愛されてきた昔ながらのお店もあれば

天然酵母や小麦粉にこだわった職人気質のお店もあったりと、

どのお店も非常に個性豊かなのがおもしろいところ。

そんな中から今日は、タイプの異なる4軒の人気店をピックアップしてみました。

お散歩にはぜひ、鎌倉仕立ての“もっちり・ふわふわ”をお供にどうぞ♪

鎌倉 利々庵

へルシー志向でアイディア満載のパンが毎日ざっと100種類!

鎌倉 利々庵 ガラス張りの明るい店内に、焼き立てパンが次々と。手前は食べやすいサイズの「無花果とチーズのミニフランス」180円 20160513_bakery_016他ではちょっと見ないユニークなデザインのパンが多いのも特徴的。こちらは、アールグレイとクランベリー、ホワイトチョコを練り込んだパンにサブレ生地のメロン皮を載せた「Teaクランベリーメロン」148円 鎌倉 利々庵 お盆と年末年始の数日を除いて毎日オープン。いつでも買いに行ける安心感が嬉しい 鎌倉 利々庵試作に試作を重ねたというクロワッサン。見た目の美しさにもこだわりが

鎌倉駅から徒歩3分、静かな住宅街に突然現れるこちらのお店。

大きなガラス越しに豊富な種類のパンが見え、ドアを開ける前からワクワクしてしまいます。

「美味しくて、栄養バランスの考えられたパン」をテーマに

新鮮・安全な食材を使って毎日100種類のパンを焼くのが利々庵さんのポリシー。

小麦粉は一等粉のみ、酵母は有機レーズンや有機全粒粉などから自家培養したものを使用しているそうです。

もちろん野菜も厳選。イモ類、豆類、キノコ類など、食物繊維やミネラル豊富な素材のチョイスが目につきます。

パンに使われる餡やクリーム、フィリングなどはすべて一から手作りするのもこの店のルール。

工房にはパン職人のほかにパティシエ、そしてお総菜担当の料理人までが揃っていて、それぞれの専門分野をきっちり分担しているのです。これはちょっと他のパン屋さんでは見られないレベルのこだわりですね!

ジャンルを超えたスタッフが結集しているため、毎月行われる新商品のアイディア会議も非常に活発だそう。初めて目にするタイプのユニークなパンが次々とデビューしているのもこのお店の特徴でしょう。

100種もあるパンの中からおすすめを選出するのは至難のワザですが、

もしお土産に買って帰るなら、オーナーの自信作「利々庵食パン」(1斤360円)はぜひ。

米粉と小麦粉を2段階発酵させ、両方の粉の旨味を引き出した角食パンです。

まろやかな甘みとモッチリした食感がクセになる一品ですよ! 鎌倉 利々庵(りりあん)

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。