ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私、パクチスト。「食べるラー油」よりも「パクチータレ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デトックス効果や便秘解消、肌の新陳代謝を高めてくれるなど、その美容効果にも注目が高まっているパクチー。

パクチー好きとしては毎日でも食べたいところですが、タイ料理のような手のこんだ料理はちょっと苦手…。

そんなときに見つけたのが、何にでも使えるという万能「パクチータレ」。食べるラー油のように、ごはんの上にかけたり、冷奴やカルパッチョ、蒸し鶏の上にのせたりと、様々に応用できるそう。

さっそく作り方をご紹介!

刻んであえるだけ。パクチーダレの作り方

材料(作りやすい分量)

・パクチー…25g
・お好みのオイル…大さじ2(25g)
※菜種油、ごま油、グレープシードオイルなど
・塩…小さじ1/3
・ナンプラー(またはしょうゆ)…小さじ2
・にんにく(すりおろす)…少々
・赤とうがらし(輪切り)…1本分

作り方

刻んだパクチーとほかの材料を合わせて完成!

フレッシュなパクチーを刻んで入れているので、パクチー特有の風味を失うことなくいただけます。また、パクチーダレは、冷蔵庫で保管することで約1週間ほど日持ちがするそう。

食メディア「FOODIE」では、さらに「パクチーのガスパッチョ」や「パクチーのクリーミードレッシング」など、パクチーを楽しむアイデアレシピが紹介されています。

さっそく週末は、パクチー好きで集まってパクチー料理を堪能したいと思います。

■ あわせて読みたい

ダイエットとか言いつつ、食べたい。やせたい人のスイーツ
温めると濃厚になる!? 地味だけど奥深いフィナンシェの魅力
春の贈り物には、かわいすぎるひと口スイーツを
カリッ、ふわ、ジュワの3食感。一度食べたら忘れないエンサイマーダ
チーズもコンビーフだって。意外だけど絶品の卵かけご飯トッピング
定番かつ看板。人気のショートケーキを集めてみた
どれが一番なんて決められない! 濃厚プリンを食べ比べ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。