ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワイン好きの皆さん。デキャンタージュした後でも、これなら保存ができますよ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプといったツールの用意があるはず。ならば、デキャンタージュしたものの保存はどうでしょう?

飲み残したワインをいかに
酸化させずに保存できるか?

ワインボトルは、一度開栓したらその日のうちに飲み干さねばならない。こんなイメージがあるかもしれませんが、欧米人だって余ったワインを無理に飲むことはしません。飲み残したワインが「美味しくない」と感じるのは、コルクを抜いた瞬間から空気に触れることで、ワインの酸化がはじまるから。つまり、保存方法の問題。

ここまでは、根っからのビール党だって知識として持っているでしょ?

デキャンタごと
真空状態をつくり出す

では長期熟成タイプの赤ワインを、俗に言うところの「ワインを開かせる」ためにデキャンタに移した場合、飲み残しをもう一度ボトルに戻す?ヨーロッパでは、銀のスプーンを入れて酸化を止めるなんて方法もあるようですが。

サンフランシスコのメーカーが開発した「Wine Squirrel」はもっとスマート。デキャンタージュした状態のまま保存が可能な優れものです。ポイントは至極単純、デキャンタごと真空にするだけ。

動画の説明によれば、円筒形のデキャンタに移したワインが余ったら、まずは付属のハンドル(画像内黒の部品)を使って密封栓(画像内白の部品)をワインの水面まで押し入れます。

次に、ハンドルを時計回りにまわして、ハンドル部だけを抜き取りました。これで真空状態が完成。たったこれだけ。

逆さにしても
ほら、漏れない!

確かに、逆さにしてもご覧のとおり漏れてこない。この状態で涼しい場所で保管しておけば、2〜3週間は保存が利くそうですよ。開栓する際は、ハンドルを取り付けて今度は、反時計回りにまわして密封栓を外すというもの。

もちろん、どんな形のデキャンタであれ目的は果たせる訳ですが、真空をつくり出すのに向いているのは、やっぱりこの円筒形だったんでしょうね。

すでにクラウドファウンディングにて目標額をクリア。プレオーダーでは65ドル(約7,000円)にて販売中。気になる人はこちらから。涙滴型やダッグ型、いわゆる底の広がったマグナムタイプのものなど、今後デザインが増えることも期待してしまいます。

Licensed material used with permission by Wine Squirrel

関連記事リンク(外部サイト)

グラス1杯分のワインが毎月届く。試飲感覚で楽しめる、定期便サービス「VINEBOX」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP