ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤と嘘 渋谷duoワンマン「点と点が繋がって線に 次は誰にも打ち砕けない硬い面を」360°カメラやバイノーラルマイクによる収録映像も公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 森翼のソロプロジェクトとして2015年に始動した 赤と嘘。5月3日 渋谷duo MUSIC EXCHANGEにてワンマンライブ【赤嘘サミット2016~みんなぶっ飛んでるぜ~】を開催した。

赤と嘘 その他のライブ写真一覧

 2015年4月3日 渋谷Milky wayでのワンマンライブ(http://bit.ly/24HCmsD)より、“赤と嘘”としてネクストステージへの扉を開いた森翼。鈴木Daichi秀行プロデュースのもと、バスツアー、スタジオレコーディングライブ生配信、96Khz/24bitハイレゾ配信、アコースティックミニアルバム『Street』発売、シングル『タイムマシン』発売、アルバム『衝動ノスタルジア』発売、リリースツアー&ワンマンライブ、ハイレゾ(24bit/88.2kHz)カセットシングル発売、テレビ東京『音流』出演……と、数えきれないトピックと共に走り抜けた1年の集大成ライブとも言えるワンマンライブが、5月3日 渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催された。

 大声援で迎えられた森翼は、アコギ1本で「スーパースターに憧れて」を歌い始める。「声がでない日もあった ギターが鳴らない日もあった だけど諦めたことは一度も無かった」のフレーズと共にバックバンドが音を奏ではじめ、徐々に熱を上げていく。最後にはマイクを通さず「僕らの夢は叶う」とファンへ一節、“赤と嘘”としての活動以前と今、その対比を具現化したかのようなステージで【赤嘘サミット】をスタートさせた。

 “赤と嘘”を大きく前進させたであろうアルバム『衝動ノスタルジア』収録曲を始め、昨年発売されたシングル『タイムマシン』収録曲、ミニアルバム『あの時君になんて言えば良かったんだろう』収録曲を中心に、「僕が、今まで体感した事が無いスピードで色んな人に出会わせてくれた曲。東京へ来て、ひとつ報われたなあって思った曲。」と語っていた楽曲「すべり台」含む全18曲で、満席の観客を終始鼓舞させ、素晴らしい景色を作り上げた。

 新たな挑戦となった1年間を終え、更なる飛躍を目指す森翼は、「今までは、途中経過とかを無視して、漠然と“武道館”とか目標があったんですが……。この1年間で点と点が線になっていくのを実感できたので、次はどんどん線を増やしていって、大きな“面”を作って、武道館という立体へ向かって行きたいです。誰にも打ち砕けない硬い面で!」と意気込みを語った。

 なお、本公演は、バックバンドを総入れ替えする2ブロック構成となっており、前半は東京メンバー(モヒート合原(dr)、梅田誠志(b)、園木理人(g)、はらかなこ(key))、後半は大阪メンバー(AKI(dr)、katsuo(b/ZILCONIA)、YOSSY(g/そよかぜ)、堀正幸(key/grassbird)、北川達也(cho))がステージに華を添えた。東京メンバーは、説得力ある確かな演奏で観客を無意識のうちに引き込んでいく魔法のようなステージを展開し、大阪メンバーは、圧倒的な熱量と派手なパフォーマンスによる感情的なステージで観客を魅了。さらに、バックバンドの様変わりに負けず劣らず多彩なアプローチを披露する森翼、まるでツーマンライブを見ているかのような展開に、心を踊らせずにはいられなかった。

 また、ライブ当日、様々な手法を取り入れた収録も行われており、YouTubeにて公開されている。東京メンバーによる「衝動~スタンスミス~」「僕らは音痴なビートルズ」(https://youtu.be/pZYGpyeKlYM)、大阪メンバーによる「愛なんです」(https://youtu.be/0Y86L7qmb1o)、バイノーラルマイク版「ライブハウス」(https://youtu.be/Zz_mZqCPH10)、そして、ステージ中央に設置された360°カメラで収録された「スーパースターに憧れて~タイムマシン」(https://youtu.be/n9adgXdhjcs)。これらの映像作品は、全て鈴木Daichi秀行プロデュースによるもの。作編曲家として常に最前線を走り続けてきた抜群の嗅覚が、映像制作という舞台でも発揮されている。

 さらに、6月10日 吉祥寺Shuffleでのライブより、本公演のBlu-rayとDVDが会場限定で販売されるので、ぜひチェックしてほしい。

取材&テキスト:内山直也
Photo by ellenote

◎ワンマンライブ【赤嘘サミット2016~みんなぶっ飛んでるぜ~】
5月3日(火・祝)渋谷duo MUSIC EXCHANGE SET LIST:
1.スーパースターに憧れて
2.タイムマシン
3.すべり台
4.衝動~スタンスミス~
5.僕らは音痴なビートルズ
6.ライブハウス~楽のない指揮者~
7.君の拍手、僕の明日。
8.指輪を贈るよ
9.コスモとフィルム
10.あなたにずっと
11.ノスタルジー
12.くそびっち
13.すべり台(オシャレバージョン)
14.涙目ロック
15.トラウマAとB
16.愛なんです
En1.さよなら
En2.モナリザ

関連記事リンク(外部サイト)

赤と嘘 ハイレゾ(24bit/88.2kHz)カセットシングル発売決定 バイノーラルマイク使用曲も収録
鈴木Daichi秀行プロデュース 赤と嘘 新作より『衝動~スタンスミス~』MV公開 スタダ新人女優 佐倉絵麻出演
赤と嘘 3/2新作『衝動ノスタルジア』リリース決定 平山雄一によるアルバムレビュー到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。