ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

街歩きや旅のお供に!オリジナルガイドマップを作れるアプリ「Relay」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅先でどこを訪れようか考えるのは楽しいもの。だが、美術館や博物館に人気のレストラン、映画のロケ地など、めぼしいところの場所全てを確認し、ルートを考えるとなるとやや面倒。

そんな時に活躍しそうなiOSアプリ「Relay」がリリースされた。1枚の地図の中にいくつでもピンでき、しかも各ピンにメモまでつけられるというもので、スムーズな旅を演出してくれそうだ。

・地図画面にメモ表示

地図中のスポットにマークを付けるのは、グーグルマップでもできる。ピンやマークを付けることで位置が把握でき、別の目的地とどれくらい離れているか、どういう順序だと効率的に回れるかなどがひと目でわかる。

こうした機能に加え、ピンした場所のメモも地図に表示できるというのがRelayの強みだ。ピンした場所の名称や、そこでやりたいことなどを書き込める。

・何枚でも作成できる!

また、足を運んだスポットには「もう行った」のマークを入れることも。そして、これから向かいたい場所までどの交通機関でどういう道順で行ったらいいかを示す、旅行に必須のナビ機能もある。

マップは何枚でも作成可能。なので、ニューヨーク、ロンドン、パリなどと都市ごとに“オリジナルガイドマップ”を作って旅に臨めば、迷うことなく、そして効率的にスポット巡りができそう。

旅行好きの人でiOSデバイスユーザーなら利用しない手はなさそうだ。ダウンロードは240円となっている。

Relay

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP