ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エディ・レッドメイン、英アードマン製作のアニメ映画『Early Man(原題)』に参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エディ・レッドメインが、英国のアニメ制作会社アードマンによる先史時代をテーマにしたアニメ映画『Early Man(原題)』にキャスティングされた。

ニック・パーク監督による長編ストップモーションアニメ映画は、ヨーロッパを代表する2大アニメーションスタジオである、英アードマンと仏スタジオ・カナルが再び共同で製作にあたる。アードマンとスタジオ・カナルは、2015年に公開された映画『ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』でチームを組んでいる。

レッドメインは、このアニメ映画で最初に発表されたキャストだ。この物語は、先史時代の生物やマンモスが地球上に存在していた時代がテーマになっている。英国人俳優のレッドメインが原始人ダグの声を演じる。とある試合で対決する青銅器時代の敵に立ち向かうために、親友ホグノブと一緒にチームを結成する。

パーク監督にとって、オスカー受賞作の映画『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』以来、初の作品となる。

映画は2018年初頭の公開が予定されている。スタジオ・カナルはイギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドに作品を配給し、全世界に配給権を売り出している。

英国映画協会もまた、この映画を支援している。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP