ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

20年後か30年後に欧州は難民に乗っ取られるとの予測

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ヨーロッパの国のほとんどが、今ではEU(欧州連合)に加盟し、多くの国で通貨も統一されている。国境でのパスポート確認すらされない。しかしながらフランスやベルギーでは移民に紛れたテロリストがテロを起こすなどの事態にも発展した。これは、本当にヨーロッパが望んだ平和な未来をもたらすのか。ジャーナリストの落合信彦氏が、EUに待ち構える未来について解説する。

 * * *
 そもそもEU(欧州連合)は、1958年に発足した欧州経済共同体(EEC)と欧州原子力共同体(EURATOM)が前身だ。その後、ヨーロッパ共同体(EC)となりEUに至った。

 当初の参加国はフランス、ドイツ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクなどだ。これらは比較的裕福な国だったから、それだけであれば今のような問題は起こらなかっただろう。ところが、ギリシャのような貧しくて汚職が蔓延しているような国々が資金融通を目当てに次々に加盟してから、綻びが見え始めた。

 EUは「来る者拒まず」で拡大を急いだために、将来どんな悲劇をもたらすかをまったく考えなかった。それが今、自滅の危機を招いているのだ。かつてイギリスの首相を11年務めたマーガレット・サッチャーをインタビューしたとき、彼女はこう語っていた。

「ヨーロッパは歴史的に戦争が多い大陸でした。1951年にウィンストン・チャーチルが2度目の首相に就いたとき、彼は『ヨーロッパでの戦争はこれで終わりにしたい』と語っていました。そのためにはヨーロッパが一つになることが重要だったのは事実です。

 1955年に彼が老齢で引退した後、3年後にできたのが欧州経済共同体と欧州原子力共同体でした。私は、これはおかしいと思いました。なぜなら、1949年にNATOができており、それによってヨーロッパの平和は保障されます。その上になぜ経済共同体が必要なのか。

 さらに、通貨がユーロになってしまいました。これはまったく余計なことです。貧しい国々と裕福な国々が手をつないで繁栄するなど、絶対に無理なのです」

 サッチャーは議会でEUへの加盟を迫られたとき、「ノーノーノーノーノー!」と5回もノーを繰り返した。それでも議会はEU加盟を選んだ。

 現在のEUは加盟国を自由に行き来できるシェンゲン協定により、テロの危険に晒されている。

 ヨーロッパは難民のごく一部を送還しはじめているが、ヨーロッパの未来を考えるならば、移民や難民を受け入れる法律を破棄し、シェンゲン協定も停止することが必要だ。そういうと「難民の人権はどうなるのか」という“人権派”から批判の矢が飛んできそうだが、もはやヨーロッパは自国民の生命と安全を守れないほどの状況に陥ってしまったのだ。

 自業自得と言えばそれまでだが、このまま進めば20年後か30年後にはヨーロッパは難民に乗っ取られてしまうだろう。そしてヨーロッパ人の多くは今度はアメリカへの難民となり、世界滅亡に拍車をかけるかもしれない。

 先を見通し、「難民受け入れ拒否」「シェンゲン協定停止」といったような英断をできるサッチャーのような政治家は、残念ながら見当たらない。

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
日本は欧州の一員としてユーロ維持を意思表明せよと大前研一
難民の受け入れに非積極的な日本が果たすべき役割
【キャラビズム】コンピュータ腕時計に続き健康診断腕時計?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP