ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】訥々とした語り口で心を叩く坪内祐三の友人知己との永訣

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『昭和にサヨウナラ』/坪内祐三・著/扶桑社/1900円+税

【評者】嵐山光三郎(作家)

 サヨウナラ友ヨ。
 サヨウナラ師ヨ。
 サヨウナラ父ヨ。

 知己を失うことは、自分のからだの一部を失うことなのだ。日常生活で知りあい、バーで語りあい、芝居で会い、編集者としてつきあい、ときにケンカし、決別して、ひょんなことで和解する。

 坪内氏が親しくしていた友人知己との永訣を語りつくす。その語り口はトツトツとして読者の心をたたく。丸谷才一氏とは中村勘三郎つながりの不思議な縁。

 雑誌「東京人」編集者時代、坪内氏は丸谷才一氏の担当であったが、風雪幾年月たち、銀座路地奥のバーで再会した。そのとき丸谷氏は勘三郎と一緒だった。後日、勘三郎が「オマエさ、丸谷先生の背中にアッカンベーしてただろう」という。してねぇよ、いや、してた。じつのところはベロだけ出した。

 編集者中川六平さん、事業に失敗して実家を競売処分した父、古本雑誌「彷書月刊」編集長田村治芳(ナナちゃん)、怪人松山俊太郎、種村季弘、酒乱の加藤郁乎、赤瀬川原平、野坂昭如、みんな死んじゃったよ。

 サヨウナラ銀座のコロッケそば、サヨウナラ昭和。この本に登場する人は、ほとんど私の友人でもある。いまどき原稿書いたり編集したりは、あんまり率のいい商売ではないけれど、こんな本を読んだら「やってみたい」と思う若い連中が出てくるでしょうね。

 身ぶるいするのは車谷長吉の項である。車谷氏は直木賞を受賞してからは「反時代的毒虫」を自称して、敏腕編集者を『銭金について』でマナイタに載せて呪詛した。堤清二氏を紹介されて西武流通グループ広報室にいたころの車谷氏は、ダンディで軽妙な業界人であったが、強迫神経症が再発して、怖ろしい小説家になった。

 神楽坂の寿司屋で食事をしたあと、車谷氏が坪内氏の手を握り締めてきたので、強く握りかえした。ツボちゃんがタイプだったんですよ。そういえば、車谷氏は新宿ゴールデン街で男子編集者にブチューっとキスしていたもんな。

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
「養殖ウナギはほぼオス」などウナギの謎・保全に迫った本
紅白最も歌われた歌 8回3曲『河内おとこ節』『天城越え』等
きれいな渡辺さん 海辺でよろめき、オットット

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP