ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「看護」に関するエピソードを剛力彩芽が朗読 執筆者が涙する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本看護協会は5月8日、「看護の日」(5月12日)を目前に、「第6回 忘れられない看護エピソード」の表彰式、および「看護の日」PR大使の女優・剛力彩芽の任命式を開催した。

 剛力はPR大使としての初仕事として「最優秀作品」を朗読。また、3305作品から選ばれた入賞作品の中から映像化された1作品の上映会と剛力のトークショーも行われた。

「看護職部門」での最優秀賞は、「専属ナース物語」を書いた庄崎美恵さん(37才・長崎県)。「一般部門」では「静かな勇気」の高野裕子さん(49才・滋賀県)が受賞した。

 庄崎さんの話は、〈「お前は最低の看護師だ!」これは、2013年の寒い冬の夜、ある患者さんから言われた言葉です。「ある患者さん」というのは、私の父です。〉から始まる、自身の父との思い出を執筆したもの。

 剛力が自分の作品を朗読したのを聞いた庄崎さんは、「涙が止まらなかった」とコメント。現在剛力は医療の現場を描くドラマ『ドクターカー』(日本テレビ系)に主演中で、さらには、自身の26才の姉が看護師だという縁もあるようだ。

撮影■高柳茂

【関連記事】
日本アカデミー賞の美女たち 大胆ドレスの長澤まさみ
授賞式で再会、綾瀬はるか&広瀬すず 姉妹のように仲良い姿
プリンセス姿の剛力彩芽 可愛い王子様のエスコートにデレデレ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP