ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Screen Off Keep Playing : スリープモード中のYouTube再生を擬似的に再現するAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

YouTube などの動画をバックグラウンドで再生できないアプリで、擬似的なスリープモードで再生を継続させる Android アプリ「Screen Off Keep Playing」がリリースされました。Screen Off Keep Playing は、画面を真っ暗にして擬似的なスリープモードを再現するアプリです。動画を再生したままアプリを有効にすると、上図のように画面が真っ暗になり、スリープモードで音声だけが再生されているような状態にできます。アプリが有効の場合はタッチ操作も受け付けないので、ポケットに入れたままでも誤操作は発生しません。AMOLED パネルで画面が黒の場合はバックライトが OFF なので、電力は消費しません。液晶の場合はそういうわけにはいきませんが、アプリが有効の場合は画面輝度を最小に下げるので、画面が ON の時よりも低い消費電力で音声を再生できます。 Screen Off Keep Playing の利用方法は、「ユーザー補助」で本アプリを有効にした上で、画面の「START」ボタンを押します。すると、ボリュームアップボタンの長押し操作で画面が黒になります。復帰する場合は再度ボリュームアップボタンを長押します。「Screen Off Keep Playing」(Google Play)

■関連記事
Le 2にはSnapdragon 652版もあり?
英Handtecが「HTC 10」の販売を開始
Fossil、スマートフォンのリモコンとしても利用できるMisfitのスマートバンド「RAY」を国内発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。